プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月のスケジュール
鬼の居ぬ間の洗濯というかなんというか。
胚移植の合間の5月のスケジュール。

1)16日 IVF後コンサルテーション with 今の主治医:Dr.Wisot
2)23日?24日?~28日、日本帰国。
3)29日 男性不妊専門のお医者さんとコンサルテーション

2)について。
野暮用のついでに日本のお医者さまに、今の治療のことを聞いてみたく。
KLCかその系列の病院、木場公園クリニック、黒田インターナショナルに行きたいけれど、時間が許さないので、KLCにしかいけないと思われます。

3)について。
英語だと、男性不妊専門病院は「Male Reproductive Medicine 」とか「Andrology」で検索できるのですね。泌尿器科(Urology)の中で、男性不妊に特化したお医者さんらしい。普通の不妊専門病院よりも圧倒的に数・情報がすくない模様。
普通の不妊病院の場合、男性に原因があろうとも、すぐにIVFになるので、男性側の治療はいらんのか??と今まで不満に思っていまして。次回もIVFをするにしろ、精子が健康になったほうが成功率が高まると思うので、何かの助けにならないかDr.と面接してきます。

婦人科(OBGYN)に定期健診にもいかなきゃなー。
スポンサーサイト
受精3日目。タックス・リターン
うちの卵達はどうしているのかしら。。{/hiyo_uru/}
と、お空に思いを馳せる今日この頃。

受精3日目の今日も培養士さんからは連絡なし。どうやら月曜日まで待たなければいけないみたい。じれじれする~。



昨日、遅れていたタックス・リターンの結果がようやく返ってきた。

その結果、フェデラル+ステート合計$12289を追加で支払うことに{/body_deject/}。

顔面蒼白。。はぁ。。。

いろんな原因が重なり合って、この数字になっちゃったんですが、医療費控除できるわけでもなく、タックスばかりが重く、その割には行政に満足しているわけでもなく。
せめて、カリフォルニアの物価の高さを考慮して税率決めてもらいたい。。{/face_z/}


カリフォルニアの不動産市場下落はまだまだ落ち着いていないので、当分買い控えようと思っていたのだけれども、節税対策に本腰を入れて探し始めようかーと旦那さんと話し合いました。
それに、今回のIVFがうまくいったら、扶養家族が増えて、節税できるね!双子でも三つ子でもドンと来い!とも。

まずは、何個胚盤胞まで生き残ってくれるんだろう。。
せめて4分の1生き残ってくれたらいいな。卵ちゃん達がんばれ~!母は応援してます{/hearts_pink/}


----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
Progesterone      晩1cc
Doxycline 100mg    1日2回x1錠
Medrol 4mg       1日4回x1錠

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。