プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後45日目(9w2d)  卒業
いまだに茶おり・スポッティングは止まらず。
引継ぎ先のOBGYNの先生に出血のことを話すと、「IVFの患者さんは、よく出血するんだよ~」と言われた。IVFで妊娠した人が出血しやすいなんて初耳だったので、「OBGYNの先生だけあって、IVFのこと嫌いなのかしら??」と思ってしまった。
ところが、Happy~さんも、「IVFで妊娠した半分の人が出血する。正常です」と、言われたそうだ。
そんなものなのか???と不思議なのだけれど、そんなものなのかも?


さて。9週検診。前日から頭痛が酷くて、這うように病院に行きました。今回はWisot先生の当番。


超音波スクリーンに映し出されたべビちゃんは、2.3cm程に成長。前回は、しっぽがあって、ラッコかオットセイのようだったけれど、今回は、2頭身ドラえもんのようになっていた。
手足も動かせるようで、スクリーンの中でバタバタしていた。
5mm大きくなるだけで、動いているのも見えるようになるんだねぇ。
「かっっわいい~♪」と、感動したいところだったのだけれども、頭痛がひどくて、集中力でず。

その次に、Wisot先生が、べビちゃんの心音を聞かせてくれた。
心音を聞くのは初めてだったので、「すっごーい」と、感動したいところだったのだけれども、やっぱり頭痛がひどくて、「it's great!」と、お愛想言えたのみ(TT)

体調が悪すぎて、コダックモーメント逃しちゃったよ。

--------------------------------------------------

一通り診察が終わると、

「順調だね(ニッコリ)。パッチもプロジェステロンも終了ね(ニッコリ)」

と、Wisot先生。

「この通院が最後になるんですか?」

と聞くと、

「そうだよ」

と。

唐突に、卒業を宣告されてしまった。

「赤ん坊が生まれたら見せにきてね」

と、先生。はい。もちろん。先生との2ショットを撮らせていただきます。


7月24日のUSマガジンにアンジェリーナ・ジェリーとブラット・ピットがIVFで双子を授かったという記事が載っています。その記事にWisot先生がコメントを載せているんですが、病院の掲示板で、先生がうれしそうに報告しているので、Wisot先生入りUSマガジンカバーをプレゼントしました。とても喜んでいただいたようで、「大きくプリントアウトして頂戴」と頼まれてしまった。

半年以上もお世話になった病院と先生への感謝込めて、そのマガジンカバーをアップします。先生、どうもお世話になりました。

USMagazine.jpg


-------------------------------------------------------

この記事で、IVFクリニックからは卒業となります。
旦那さんとのケンカやら、心配やら、ストレスだらけの治療の間、支えてくださったのは、ネットの皆さんでした。どうもありがとうございました。感謝しても感謝しきれません。

このブログのテーマは、「アメリカで体外受精」ですので、経過報告の記事はここで打ち切りたいと思います。ただ、プロトコルのまとめや、妊娠後の薬、ホルモンなど、皆さんの役にたつかな?と思ったことを、暇をみつけながら投稿しようと思っています。ほおっておくと、スパムコメントが増えるので、コメント欄は閉じると思います。
妊娠中の経過については・・・・現在、不妊治療で燃え尽き感があり、書く予定はありません。

アメリカで不妊治療中の方、治療予定の方、もし何か私にできることがあれば、どしどしメールをください!ブログの左欄に、メールフォームがあります。
私が皆さんに助けていただいたように、私も何かお手伝いできれば、と思います。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ 
 

スポンサーサイト
移植後38日目(8w2d)
ようやく8週目に到達。

先週、おりものシートを半分染める程度の出血があったり、赤黒いおりものがあったりで、なかなか心配。とはいえ、出血のために病院に電話かけても「安静にしてて」としかいわれないので、最近は、変な体組織状のものがトイレに浮かんでようと、諦めモードでできるだけ安静にしてるだけ。ほんとに、これでいいのだろうか?


心配で1日早めてもらっての診察。Dr.Yee。


べビちゃんはちゃんと育ってて、一安心。
1.73cm。頭でっかちになっていた。
来週にはぐんと人間らしくなる模様。

旦那さんは、超音波見ながら笑顔満面で、「アナタ、あんなに不妊治療嫌がってたのに」と、どつきたくなる。


筋腫も10%ほど育っていて、べビちゃんよりも大きい様子。

「妊娠したら、ホルモンの関係である程度大きくなるし、もはや何の治療もできないから」

と、いわれた。わかってるけど、トドメ刺された気がする。

出血に関しては、子宮の中に血の塊がある様子はないから心配はいらないけれど(*)、Baby Aspirin摂取は終わりにしてね、とのことでした。
(*子宮内で出血すると、流産率が高まるそうです)


血液検査の結果、エストロジェン・パッチは終了。プロジェストロンは半ccに減量となりました。

あと1,2回の検診でIVFクリニックは卒業だそうです。
卒業したら、妊娠判定後の薬についてまとめようと思ってます。


不妊治療で精根使い果たせいか、どうもグダグダモード。
不妊治療ってすごいエネルギー使うんだなぁ、と、あらためて確認。

この記事も、気合抜けまくってます


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ 
 

移植後32日目(7w3d) 子宮筋腫発覚
今日はくまこさんとばぁにぃさんの採卵だな、うまくいくといいな、と思いながら朝病院へ。(良い卵がたくさん取れるように祈ってます。。。)

つわりの気配はほとんどなく、ぴんぴんしている今日この頃。もうそろそろ、体を動かし始めたほうがよいかなぁ~と思い、先週末に散歩をい始めました。近くのラグビー・フィールドで、約400m程の散歩。すると、見事に翌日・翌々日と茶おりが急増。茶おりは軽度の切迫流産の兆候という人もいるようだし、安定期になるまでじっとしてようと決めました。

その他は、何も異常・変化がなさすぎて、お腹のべビちゃんはホントに生きているのだろうか?と思いながら受けた3回目超音波。Dr.Yee担当。

べビちゃんは、順調そのものらしいです。
1cm程に育ってました
ネットを覘いたら、7週のべビちゃんは、3cmと載っていた。うちの子は小さめなのね。
( ←間違い。標準みたいです。http://www.h3.dion.ne.jp/~oasis77/ninsinkansan.htm  silverbearさん感謝)
ちなみに、うちの病院の患者統計では、6週の心拍確認以降で流産率10%、7週以降は5%まで下がるそうです。

先週より大きくなってスクリーンに写っているべビちゃんを、「うふふ」みたいな顔で眺めていると、ドクターに、ドカーンと爆弾発言を落とされた。

ドクター「これ筋腫だね。知ってると思うけど」

私「え?・・・・知りません」

ドクター「スクリーンテストで言われたでしょ」

私「言われたことないですよ・・・」

ドクター「記録みてみるよ」


Dr.Yeeがそそくさと、3月にDr.Wisotがやった、Sonohysterogramの写真を取り出してきた。

ドクター「ほら、ここだよ。」

Wisot先生、一言もそんなこといってなかったのに。指差されても困るんです。。。

「流産の確率があがるんですか?」と聞くと、「筋腫がとても大きくなると、そうなるかも」との答えだった。現状は一番大きいもので2cm。その他、何個か1cmぐらいのがあるらしい。一般に、妊娠している最中はホルモンの関係で大きくなるそうだ。妊娠中で治療はできないので、経過観察と言われた。

家に帰ってからネットで調べると、「流産・早産を引き起こすこともあるかな?」ぐらいで、あまり怖いものではないらしい。位置によっては不妊の原因になるとか。

そうはいっても、何故にIVF前に言ってくれなかったんだよ~。言ってくれたらIVF前に除去したのに~
。先生、気がきかなさすぎ。

次の超音波は1週間後。うちの病院は、卒業まで1週間に1度検査するようです。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 「いまさら。。。」にちょびっと落ち込んでいる私に
 ← 応援の一ポチ
移植後25日目(6w3d) 心拍確認
先週は、皆さんのうれしいニュースや悲しいニュースがたて続きに入ってきたあわただしい週だった。

うれしいニュースを聞くとうれしいのだけれども、そのすぐ後で、悲しいニュースが入ってきたりして、うれしいのか、悲しいのか、複雑。。。。。

----------------------------------------------

さて。


早朝、病院の待合室にいると、ばぁにぃさんが声をかけてくださった^^
今日は同じ診察日だったので、会えるねーと、話していたのだ。
ばぁにぃさん、元気いっぱい!私は寝ぼけ気味でスミマセン(^^;。朝ご飯食べていかなかったから、ぼーっとしてまして。夕方なら、もう少しシャキッとしてます。
治療引き続きがんばってねっ!


さてさて。


今日の当番はDr,Wisot。「不安なんです~」と、訴えると、「不安になることなんて一つもないよっ」と、ニッコリ。いつもながら優しい。
おもむろに、Dr.がプローブを入れると、スクリーンにタイノウが。素人目には何がなんだかよくわからいのだけど、Dr.が元気に説明してくれた。先生、今日、ハイパーですね^^。

Dr.「今日、チェックするポイントは3つ! 1. タイノウが倍以上に大きくなっているか 2.タイノウの中に胎芽がみられるか 3.心拍が確認できるか。 それでは、1からいってみよう」

そういって、タイノウの大きさを測ると、1.24cm。

Dr.「大きくなっている? Yes or No?」
旦那さんと私「.....Yes.」


次は、ズームインして胎芽の確認

Dr.「中身はみえる?」
旦那さんと私「・・よくわかりません」
Dr.「これこれ(と、指差す)」


Dr.「そして最後。これが心拍」
と、ピコピコしたところを指差してくれた。


Dr.「すべて正常!(ニッコリ)」


不安が解消されてうれしかったけど、それより、やたら上機嫌なDr.が印象的だった。
「これでまた一組、幸せなカップルを増やしちまったぜぃ、俺」とか、考えてるのかな


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← もう少しで卒業です
 ← あと一息
移植後18日目(5w3d) 胎嚢確認 p(^-^)q
話がさかのぼること妊娠判定1回目血液検査の日。

陽性判定に喜んだのもつかのま、仕事がどーにもこーにも忙しくて、夜9時まで残業したんです。
そしたら、翌朝、出血が。 顔面蒼白

それ以来、そろーりそろーりと生きてます。会社は半休、独立記念日3連休もずっと寝てました。

移植後15日目にあった2回目血液検査の結果、hCGは520。
2倍の法則にかなってはいるけれど、スバラシク高くもない数字。(贅沢)

なんとなくあった、つわりらしき胸のムカツキも消えてしまい、思い出すのは前回の悪夢ばかり。
また、超音波になんにも映らないかも。。。
昨晩は、心配で心配で眠れませんでした


そんなこんなで出かけた、一回目超音波。旦那さんも一緒。


------------------------------------------------------

不安で、とんでもなく長く感じた1週間だった割には、胎嚢はあっけなく見えました。


今日も朝から元気なDr.Yeeがプローブを入れると、さほど間をおかず、ドーナツみたいなものが1つスクリーンに。

「これが胎嚢だよー。真ん中の空洞は液体」

と、Dr.。

安堵と感動で、隣の旦那さんの手を握り締めちゃいました。


Dr.「大きさは5mm」

これが、大きいのか小さいのかわからないけれど、Dr.がいうには合格のサイズ。


胎嚢確認に、看護婦さんも一緒に抱き合って喜んでくれました


------------------------------------------------------

帰りの道すがら、「双子じゃなくてよかったよ~」っと、旦那さんが安堵の表情をしていたのが印象的だった。家事能力のない奥さんを持つと、育児のほとんどが旦那さん担当になりそうだもんね。ははは。私は双子が良かったんだけどさー^^


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 第二関門突破!
 ← 次は心拍確認


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。