プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植1日目。受精卵凍結
無駄に長いと評判の、アメリカのベットレスト期間中。
午前10時頃、培養士さんから電話がかかってきた。

前日の段階で、凍結できる胚盤胞に到達していた胚は0だったのけれど、受精6日目に、5つが凍結できるまでに到達したという。

移植した2つを入れると、{/kirakira/}胚盤胞は7つ{/kirakira/}

36歳11ヶ月の成績とは信じられない程すばらしい{/hakushu/}!

こんなに良かったのは、うちの病院のおかげなのかな。。。
途中、薬増加やCoastingで、すっかり疑心暗鬼になっちゃったけど、ゴメンナサイ。と、心の中で手を合わせた。

---------------------------
ソファーで、まったりゆったりしていた午後。
いきなり、体温が上昇したのが感じられた。念のため体温を測ってみると、いつもは97.2~97.9度付近をさまよっている体温が98.6度になっていた。

プロジェステロンは採卵翌日から打っていて、既に6日目。いまさらプロジェステロンの影響とは考えられないし。

胚盤胞移植だったので、着床するのは、移植1日目か、2日目のはず。もしかして、もしかすると、もしかするー{/eq_2/}と、いきなり期待アップ{/up/}

ふう。
判定日まで、どきどきですね。

あ、ちなみに判定は、移植11日目。4月12日です。

----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
Progesterone      晩1cc

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。