プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那さんの治療(1) - 男性不妊専門医初診。
Dr.Wisotご紹介のDr.Rajfer。初診料$350也。

初診アポを取る時、名前の読み方を忘れてしまい、「ドクターラ、ラ、ラ、ラ、ラ・・・ジャファ?のアポお願いします」と言ったところ、「いったいそれはダレ?」という沈黙が電話向こうの受付嬢に流れたDr.Rajfer。Dr.レイファーと読む。インド系名前は難しいよねぇ。

さて、ドクター・レイファー。
友達からの前評判の通り、きっぱり、ばっさり言う系の先生でした。好みですわ。

今までの治療記録を手渡した後、旦那さん裸になり、診察。私は待合室に追い出された。
その後、15分ほどで診察室に呼び戻され、診察結果を聞くと、

「Bilateral Varicoceles(精索静脈瘤) だと思う。」とのこと。ただ、血液検査と超音波をしてみないとはっきりわからないから、保険の利く行きつけの病院で、血液検査と精巣部の超音波検査をしてきてと言われた。

英語でも日本語でも難しい単語、Bilateral Varicoceles(精索静脈瘤)とは。
精索静脈瘤は、精巣周辺の血液の流れが悪く、血が留まるので、精巣の温度が上がり、精子の質が悪くなる病気だそうだ。治療は、もし精巣の片側だけの場合はX線で、両側の場合は手術で行い、50%ほどのケースで良くなる、ということだった。運動率などの他に、精子の頭部奇形はよくなることがあるそうだ。

ネットでは、精子奇形は治療法がない、と書いてあるのをよく見かけるので、初診料$350が無駄になるかな、と、ドキドキしながら行ったのに、あっさり15分で診断がでてしまった。今まで、不妊治療に悩んだのはなんだったのかつーか、今まで行ってみた、3軒の不妊病院は私側にばかり薬・注射の連続で、旦那さんの治療は、誰も、何も言ってくれなかった。業務怠慢だよね。ああ、腹が立つ。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 自分で行動しないとだめ
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ ← だから、ポチッと押してみよう

スポンサーサイト
D1 超音波検査
昨日、生理が始まったのが午後3時頃で、その日中に超音波が間に合わなかったため、今朝行って来た。予約の電話口で看護婦さんに、「超音波を終えるまでエストロジェン・パッチは待て」、と言われたので、パッチをバックにしのばせて行った。
 IVF後コンサルテーションで、他の看護婦さんから凍結胚移植スケジュールの説明を受けた時には、「生理が始まったら、すぐさまパッチを張って超音波に来て」と言われたのに。あいも変わらず言ってること人によって違うよぉ

どっちの看護婦さんも、仕事が速いし、親身になってくれるし、好きな人達だけど、病院全体ミーティングとか開いて言うことを統一してくれよ~

さて、超音波検査は無事終了。何も問題なしで、凍結胚移植へGO!
エストロジェン・パッチx2張り始めました。

そのせいなのか、なんなのか、生理の量がすごい。夜用3つ職場に持ってきたのに、それでも足りなくて溢れてしまってまする

-----------------------------
Vivle 2枚


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← すぐさまパッチ
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ ← 次の日パッチ

生理開始
凍結胚移植サイクル開始でございまする。

いよいよ。

前回の最後には、本当に妊娠したいのかどうか迷った私も、流産後、妊娠したい熱がさらに過熱
(人間、手に入らないものは欲しくなる。)

今回は、ブレません


# 前回の流産が準備だったとはこのことですか?>ヒヤシンス様。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 視界良好
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ ← 面舵いっぱい
IVF後コンサルテーション(3) -凍結胚移植
話題はさらに、凍結胚移植について。
採卵からまた始めてもいいよ、とDr.に言われたのだけれど、薬漬けのカラダを休ませたほうがいいかな?と思い、凍結胚移植をすることに。そうは手術直後なので、もう少し体を休めたほうがいいか?との質問には、成功率には関係ないとのこと。流産の後のサイクルでは妊娠しやすくなるの?と聞いたら、「それはインターネットの与太話」といわれた。Dr.、あいもかわらず返事がすげないw


Dr.が言うには、凍結胚移植成功率は40%程。(新鮮胚移植成功率は35歳~37歳で50%程) ほぼ全てのケースで新鮮胚移植にもっともグレードが高い胚を使ってしまうため、新鮮胚移植に比べて成功率が落ちるとの説明。うちの病院では、キャリア女性や癌治療をする女性のために、卵子保存のサービスもやっていて、その人達の成功率は50%程度だというから、Dr.の言うとおり、凍結・解凍のダメージのために成功率が落ちるというよりも、卵のグレードのためなのかもしれない。ならば、一般的に、日本のほうが凍結胚移植成功率が高いのだけれども、うちの病院の凍結技術も結構よいのかも。
SARTでうちの病院の凍結胚移植の成功率をみると、2003年~2006年の4年間平均で、35歳未満が31.4%で、35歳~37歳が41.1%。Dr.の言う数字は、ちょっと楽観的な気がしないでもない。35歳以上のほうが成績がいいのは何故?

凍結胚移植スケジュールは、ロング・プロトコルと違って、病院によって差が大きい。

うちの病院@Reproductive Partners Medical Groupのスケジュールはこんな感じ。夢クリの凍結胚移植スケジュールとちょっと似てるかな?
*Vivelle = エストロジェンパッチ
Date検査備考
D1Vivelle 2枚超音波生理開始
D2
D3
D4Vivelle 2枚血液検査血液検査値次第でVivelleパッチ増量
D5
D6
D7Vivelle 2枚
D8
D9
D10Vivelle 4枚自然なE2レベルの増加にあわせてパッチ増量
D11
D12
D13Vivelle 4枚
D14血液検査
超音波
内膜の状態がよければ1週間以内に移植。この日、移植日とプロジェステロン注射開始日決定。
ちなみに夢クリはマーベロン(=ピル)でホルモンを整えた後、エストレース(=エストロジェン)をD1に飲み始め、D10あたりでデュファストン(=プロジェステロン補充薬)を飲み始める感じらしい。

Amicaさんの病院のスケジュール (私のと似ている)
・次回の生理Day1から3日おきにEstradiol Patchを貼り続ける
・Day14に子宮内膜チェック(ウルトラサウンド)7mm以上になっているか確認
・Day15よりProgesterone開始
・Day20に移植

ここから先は、うちの病院とぜんぜん違う。

きらさんのスケジュールStanford Fertility & Reproductive Medicine Center
Date検査備考
D1超音波生理開始
D2
D3
D4
D5
D6
D7
D8
D9
D10
D11超音波排卵キットをでテスト開始。陽性になったら病院に連絡。
卵胞・内膜の様子によっては、毎日超音波を繰り返す
D?Hcg卵胞がよい大きさに成長したところで、HCGで排卵
Hcg後
1日目
Hcg後
2日目
Hcg後
3日目
Hcg後
4日目
progesterone
膣座薬
Hcg後
5日目
progesterone
膣座薬
Hcg後
6日目
progesterone
膣座薬
Hcg後7
日目
progesterone
膣座薬
胚移植


AmyさんのスケジュールNashville Fertility Center
Date検査備考
D1生理開始
D2
D3ピル開始
 |ピル継続
D16ピル継続
Lupron(20unit)開始
 |ピル継続
Lupron(20unit)継続
D30ピル最終日
Lupron(20unit)
D31Lupron(20unit)
D32Lupron(20unit)超音波
D33
 |何も無し
D38
D39血液検査
D40
 |何も無し
D45
D46血液検査
超音波
D47
 |何も無し                                                                                                                           
D50
D51胚移植


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 我ながら長い投稿。
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ ← 就業中にがんばって書いてしまいました
IVF後コンサルテーション(2) -男性不妊
コンサルテーションの途中、男性不妊専門医に行きたくない旦那さんは、Dr.Wisotに、

「花が、男性不妊専門医に診てもらうと予約を取ったのですが、必要ありますか?ないですよね~」

と、言い出した。

旦那さん、なにげに目が真剣。そこまで拒否せんともいいんではないかい?

旦那さんが男性不妊専門医の話題をもちだしたので、予約をとってあったDr.Phillip Werthman(彼のWEBはココ)の名前を出すと、

「Dr.Werthman?一緒に働いたこともあるよ。」

とのお言葉。ロサンジェルス不妊業界、狭し。

ちなみに、「ICSIの成績が結構良いので、おそらく精子はそれほど質が悪くないと思われるから、行っても行かなくてもどちらでもよいよ。治療で、精子の質が上昇したとしても、顕微をしなければいけない現在の状態(奇形率99%)から体外受精ができるぐらいまでには良くなるかもしれないけれど、自然妊娠できるくらいに劇的に良くなった例は見たことがない。But if it makes your wife happy, なら行けば。」てなことを言われた。

ついでに、 Dr.Werthmanでもいいけど、センチュリー・シティーまで行くのは大変だから、Dr.Jacob Rajferにしたら、と、もっと近所のお医者さんを紹介された。
うちに帰ってDr.Rajferを検索すると、UCLAの病院でも働いているらしい(彼の経歴)。
Dr.WerthmanとDr.Rajferのどちらがよりすぐれているか、というレビューは見つからなかったので、それでは家に近いほうが便利と、Dr.Rajferでアポをとりなおすことにした。
ちなみに、両人ともMaleInfertilitySpecialists.comにリストされていた。このサイト、州別男性不妊専門医をリストしているので、お医者さん探すのによいかも。

次の日、同じく男性不妊に悩む友達にDr.Rajferのことを話すと、実は、友達の旦那さん@閉塞性無精子症の手術をしたお医者さんだと判明。ますますロサンジェルス不妊業界、狭し。と、いうか、男性不妊専門医って数が少なくて使いまわされているのかな~???

最後にですが、Dr.Rajfer紹介のついでに、男性用お勧めサプリも教えられた。先生、そういう情報は、ICSIする前に教えてください。
そのサプリ、その名もConceptionXR他社の男性用サプリとの成分比較はココにあります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← ランキング参加してみました
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ ← 海外不妊治療に乾杯


IVF後コンサルテーション(1) -総括
長くなりそうなので、いくつかに分けます。

アメリカで標準的についてくるIVF失敗後のコンサルテーション。泣いたり責めたりする人もいるだろうから、お医者さんはやりにくいだろうなぁ。

まずは、成績とプロトコルの見直し。
Dr.Wisotは、「残念ながらD&C(そうは手術)という結果になってしまったけれど、良いサイクルだったと思う」とのこと。私もこれは賛成で、36歳11ヶ月という年齢にもかかわらず、17個採卵→16個受精→2個移植・5個凍結というのは、成績が良いと思う。正常じゃないけど妊娠できたし。
ちなみに卵のグレードは、

移植 → 5AA, グレードのつかないEarly Blast
凍結 → 3BB,グレードのつかないEarly Blast2個,Morula(桑実胚)2個

という状況。この他に、廃棄処分になった4CCの胚盤胞が1つあり。

でも、もし次また採卵をするとしたら、刺激最中の薬の量を一定に保ったほうがいいそうだ。つまり、刺激最中の私の薬量は、(Menopur:75,Gonal:150)→(Menopur:75,Gonal:300)→(Menopur:150,Gonal:225)とかなり上下したのだけれども、これは私の体がGanal:150くらの低刺激だと反応があまりよくないくせに、Gonal:300の強刺激だとやたら反応してしまい、普通一般的な人に比べて反応の波が大きかったせいだそうだ。次回は、薬の量をこんなに変えずに一定に保ったほうが良い結果が得られるでしょう、とのこと。

刺激量の話が出たついでに、低刺激サイクルのことを聞いた。
Dr.Wisotは、薬量が少ないほうが、質の高い卵がとれると思っているようだった。うちの病院は、他の病院に比べて低刺激で、そのおかげで成功率が高いと言われた。確かに、日本の病院に比べたら薬量は多いものの、他の米国体外受精ブログでみる薬量に比べたら、少ない薬量だったと思う。
そもそも、以前は自然周期のIVFもやっていたそうだけど、自然周期では取れる卵の数が1~2個なので、IVFの手間・コストを考えると割りにあわないので止めたということだ。これは私も同じように思ってました。
刺激周期を繰り返すと、繰り返す度に卵の質が落ちていくのでは?との質問には、そんなことはない、と断言。でも、ネットで、採卵の度に卵の質が落ちていったという体験談はたまーにみかけるので、実際のところはどうなんでしょう??

ついでに、サイクル中のLHとP4の値は成功率に関係するかと聞いてみたら、関係ない、とのこと。cuminpieさんの病院とかKLC系列の病院ではこれらのホルモン値も考慮するようだけど、病院ローカルの研究結果で、まだ一般的に正しいと認められていない事柄のような気がする。
KLCの一年の妊娠数
Sunnyさんのブログを見て、驚いてしまった。

KLCの昨年1年間の延べ妊娠数は2861人なんだそうだ。
治療費が安いせいもあるのだろうけど、4桁ってすごいよね。

ちなみに、アメリカの病院を見た中でいままで一番患者数が多かったのはNYにあるKLC系病院のNew Hope。(成功率はこちら)2006年のサイクル数は931。複数回受けている人もいるだろうから、患者数はさらにすくないはず。ここは低刺激IVFの病院なので1サイクル毎の成功率はぐんと低くなり、推定64サイクルで妊娠。

この病院ですら患者数が4桁達しないのだから、KLCってすごい。。。
一ヶ月の患者数が400人と聞いたことあるけど、もっといるんじゃないだろうか。

ちなみに、元ネタの読売の記事はここです。

-----------------------------------------------

Boston IVFってとこも患者数多いのみつけました。2006年に1937サイクル。ここはアメリカ一般的な治療法するとこらしく、1937サイクル中646サイクルで妊娠(推定)。マサチューセッツ州はIVFを保険でカバーするからかな。 (5月14日追記)
5月のスケジュール
鬼の居ぬ間の洗濯というかなんというか。
胚移植の合間の5月のスケジュール。

1)16日 IVF後コンサルテーション with 今の主治医:Dr.Wisot
2)23日?24日?~28日、日本帰国。
3)29日 男性不妊専門のお医者さんとコンサルテーション

2)について。
野暮用のついでに日本のお医者さまに、今の治療のことを聞いてみたく。
KLCかその系列の病院、木場公園クリニック、黒田インターナショナルに行きたいけれど、時間が許さないので、KLCにしかいけないと思われます。

3)について。
英語だと、男性不妊専門病院は「Male Reproductive Medicine 」とか「Andrology」で検索できるのですね。泌尿器科(Urology)の中で、男性不妊に特化したお医者さんらしい。普通の不妊専門病院よりも圧倒的に数・情報がすくない模様。
普通の不妊病院の場合、男性に原因があろうとも、すぐにIVFになるので、男性側の治療はいらんのか??と今まで不満に思っていまして。次回もIVFをするにしろ、精子が健康になったほうが成功率が高まると思うので、何かの助けにならないかDr.と面接してきます。

婦人科(OBGYN)に定期健診にもいかなきゃなー。
掻爬7日目
念のためにもう一度計ったHcgは68。順調に下がりすぎて悲しい{/face_naki/}
下がっていなきゃヤキモキするだけなので、いいことなんだけどさ。

いままでの治療記録のコピーが届いたので見ていたら、手術当日のHcgは2951だった。このHcgでタイノウが無かったって、やっぱり発達異常だよねぇ{/hiyo_shock1/}

ところで。


37歳の誕生日を迎えました{/3hearts/}



旦那さんから会社にお誕生日ケーキ型花束が届き、うれしくなって会社の人に見せて回ったため、いろんな方におめでとうと祝っていただき、うれしさひとしおでございました{/hearts_pink/}

生殖的に微妙なお年頃だわ、2週間前には「今年の誕生日プレゼントは心拍確認!」などと言っていたことを考えると、なかなかムムムな誕生日ですが、「いつでも今が一番若い」を合言葉に、心おきなく不妊治療につっぱしっていこうと思います{/good/}



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。