プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IVF後コンサルテーション(1) -総括
長くなりそうなので、いくつかに分けます。

アメリカで標準的についてくるIVF失敗後のコンサルテーション。泣いたり責めたりする人もいるだろうから、お医者さんはやりにくいだろうなぁ。

まずは、成績とプロトコルの見直し。
Dr.Wisotは、「残念ながらD&C(そうは手術)という結果になってしまったけれど、良いサイクルだったと思う」とのこと。私もこれは賛成で、36歳11ヶ月という年齢にもかかわらず、17個採卵→16個受精→2個移植・5個凍結というのは、成績が良いと思う。正常じゃないけど妊娠できたし。
ちなみに卵のグレードは、

移植 → 5AA, グレードのつかないEarly Blast
凍結 → 3BB,グレードのつかないEarly Blast2個,Morula(桑実胚)2個

という状況。この他に、廃棄処分になった4CCの胚盤胞が1つあり。

でも、もし次また採卵をするとしたら、刺激最中の薬の量を一定に保ったほうがいいそうだ。つまり、刺激最中の私の薬量は、(Menopur:75,Gonal:150)→(Menopur:75,Gonal:300)→(Menopur:150,Gonal:225)とかなり上下したのだけれども、これは私の体がGanal:150くらの低刺激だと反応があまりよくないくせに、Gonal:300の強刺激だとやたら反応してしまい、普通一般的な人に比べて反応の波が大きかったせいだそうだ。次回は、薬の量をこんなに変えずに一定に保ったほうが良い結果が得られるでしょう、とのこと。

刺激量の話が出たついでに、低刺激サイクルのことを聞いた。
Dr.Wisotは、薬量が少ないほうが、質の高い卵がとれると思っているようだった。うちの病院は、他の病院に比べて低刺激で、そのおかげで成功率が高いと言われた。確かに、日本の病院に比べたら薬量は多いものの、他の米国体外受精ブログでみる薬量に比べたら、少ない薬量だったと思う。
そもそも、以前は自然周期のIVFもやっていたそうだけど、自然周期では取れる卵の数が1~2個なので、IVFの手間・コストを考えると割りにあわないので止めたということだ。これは私も同じように思ってました。
刺激周期を繰り返すと、繰り返す度に卵の質が落ちていくのでは?との質問には、そんなことはない、と断言。でも、ネットで、採卵の度に卵の質が落ちていったという体験談はたまーにみかけるので、実際のところはどうなんでしょう??

ついでに、サイクル中のLHとP4の値は成功率に関係するかと聞いてみたら、関係ない、とのこと。cuminpieさんの病院とかKLC系列の病院ではこれらのホルモン値も考慮するようだけど、病院ローカルの研究結果で、まだ一般的に正しいと認められていない事柄のような気がする。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。