プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那さんの治療(1) - 男性不妊専門医初診。
Dr.Wisotご紹介のDr.Rajfer。初診料$350也。

初診アポを取る時、名前の読み方を忘れてしまい、「ドクターラ、ラ、ラ、ラ、ラ・・・ジャファ?のアポお願いします」と言ったところ、「いったいそれはダレ?」という沈黙が電話向こうの受付嬢に流れたDr.Rajfer。Dr.レイファーと読む。インド系名前は難しいよねぇ。

さて、ドクター・レイファー。
友達からの前評判の通り、きっぱり、ばっさり言う系の先生でした。好みですわ。

今までの治療記録を手渡した後、旦那さん裸になり、診察。私は待合室に追い出された。
その後、15分ほどで診察室に呼び戻され、診察結果を聞くと、

「Bilateral Varicoceles(精索静脈瘤) だと思う。」とのこと。ただ、血液検査と超音波をしてみないとはっきりわからないから、保険の利く行きつけの病院で、血液検査と精巣部の超音波検査をしてきてと言われた。

英語でも日本語でも難しい単語、Bilateral Varicoceles(精索静脈瘤)とは。
精索静脈瘤は、精巣周辺の血液の流れが悪く、血が留まるので、精巣の温度が上がり、精子の質が悪くなる病気だそうだ。治療は、もし精巣の片側だけの場合はX線で、両側の場合は手術で行い、50%ほどのケースで良くなる、ということだった。運動率などの他に、精子の頭部奇形はよくなることがあるそうだ。

ネットでは、精子奇形は治療法がない、と書いてあるのをよく見かけるので、初診料$350が無駄になるかな、と、ドキドキしながら行ったのに、あっさり15分で診断がでてしまった。今まで、不妊治療に悩んだのはなんだったのかつーか、今まで行ってみた、3軒の不妊病院は私側にばかり薬・注射の連続で、旦那さんの治療は、誰も、何も言ってくれなかった。業務怠慢だよね。ああ、腹が立つ。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 自分で行動しないとだめ
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ ← だから、ポチッと押してみよう

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。