プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那さんの治療(2) - カイザーでの血液・超音波結果
旦那さんはカイザーHMOだけしか保険に入っていないので、血液検査・超音波はカイザーで頼んだ。
検査のお願いもプライマリー・ケア・ドクターを通さなければいけないので面倒くさいし、診察・結果発表まで長く待たされることが多々あるので、去年のうちに旦那さんの保険を変えておくべきだった。不覚

今回も相当待たされるかと思っていたら、案外、すんなり結果がでてきた。

旦那さんの血液検査結果:(料金: co-pay $15)
 LH 6.6
 FSH 2.0
 sT(テストステロン) 328

日本語で検索して出てくる正常なホルモン値と英語で検索して出てくるホルモン値がちょっと違うので両方載せると、

日本語 :
 LH 1.8 - 5.2
 FSH 2.9 - 8.2
 sT(テストステロン) 250 - 1100

英語 ( いくつかのサイトの複合) :
 LH 2.0 - 18
 FSH 0.8 - 18
 sT(テストステロン) 270 - 1100

で、日本語のほうからはちょっとずれているけれども、旦那さんの値は正常の範囲内と思われる。

旦那さんの超音波結果:(料金: co-pay $15)
超音波のほうは、カイザーのRadiologistがレビュー、「基本的に正常だけど、左側に小さい精索静脈瘤 (Varicocele)がある」という結果が返ってきた。Dr.Rajferは両側(Bilateral )にあると思う、と言っていたのでちょっと違う。
ただ、精索静脈瘤の判断は患者が起立している状態でするらしく、Dr.Rajferが「超音波は、立っているのと寝ているのと両方して」とオーダーしたのだけれども、旦那さんが検査に診断書を持っていくのを忘れたせいで、寝ている状態でしか検査してこなかった。うましか。


カイザーの診断で去年痛い目にあって以来、私はカイザーをほとんど信用していないので、早速、結果をDr. Rajferに転送。レスポンス待ってるとこです。

精索静脈瘤は、よくあることらしく、15%の一般的な男性に見つかり、40%の男性不妊患者でみつかるそうだ。左側の精索静脈瘤が一般的で、全体の85%を占める。治療はなんとギリシャ・ローマ時代までさかのぼる(笑)。精索静脈瘤の治療をした場合、30%-50%の患者で男性不妊がよくなるようだ。診断は簡単にできるらしいので、男性不妊にお悩みの方は、泌尿器科で聞いてみるといいかもしれません。


『線路は続くよどこまでも 』っぽく歌ってね♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 不妊道は続くよ~
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ ← どこまでも~

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。