プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D18 超音波再再再検査 移植日決定
またしてもMeldrum先生に当る。今周期は、始めから終わりまで全てMeldrum先生。珍しい。

さて、3回目超音波。
モニターに映し出された内膜は、私にもわかる程、太ってきていた。
前回はナメクジみたいだったけど、今回は、ストライプが真ん中にちょろっと見え、木の葉状の理想の内膜の形に一歩近づいた感じ。

ちなみに、理想の内膜はこんな感じらしい↓

出典:内田クリニック 排卵期の子宮内膜の変化
この写真の内膜、ほれぼれするほどに厚いねぇ。私のはこんなに肥えてなかったよ

ま、測定値は、(9mm - 10mm)で、「準備整ったので、移植しましょう」と、Meldrum先生。 バイアグラを試してみたかった私は、「バイアグラ効くって聞いたので、試してみたいんですけど」と聞いたのだけれど、「バイアグラはちゃんとした研究がでてないよ。それに、内膜準備できたから、移植すれば」とのお言葉。移植できるというところを、無下に断るのもなんなんで、移植することに。

すぐに、今日からのスケジュールをもらった↓
Date検査備考
D18progesterone1.5cc超音波内膜(9mm-10mm)準備完了
D19Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
D20progesterone1.5cc
D21progesterone1.5cc
D22Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
抗生物質
卵確認のためラボに電話
D23progesterone1.5cc
抗生物質
移植
D24progesterone1.5cc
抗生物質
D25Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
 |progesterone・Vivelle継続。
D33Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
D34Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
妊娠判定


移植は6月20日、判定は7月1日です

ところで、エストロジェン量は、妊娠判定日まで変わらずにガンガン投了。つーことは、やっぱり今卵巣の中にいる卵は排卵させないでおくんだ。ああ、体に悪そう。。
今の基礎体温って、私の低温期(97.3)・高温期(97.9)でもなく、あえて言えば中温期?97.5の体温を1週間以上続けているんですよ。薬のせいとはいえ、すっごい変。


-----------------------------
Vivle 6枚
progesterone1.5cc


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 移植日決定に
 ← お祝いのポチッ


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。