プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D22 移植する胚の選択
プロジェストロン注射の威力はすごいもので、打った翌日には、97.5度付近をさまよっていた基礎体温が、97.9~98度まで急上昇。基礎体温表をみるとキレイに2層に分かれていて、これが理想の基礎体温か!と、思う今日この頃。

時は流れ、移植前日となりました。

病院から電話があり、10時半移植とのこと。早速、トレーシーに鍼の予約。前回も移植前後に鍼やって着床したので、縁起担ぎです

さて、私が凍結している胚は、

3BB胚盤胞                       1個
グレードがまだついていない初期胚盤胞      2個
桑実胚                          2個

の、合計5個。

Wisot先生・Meldrum先生の説明では、前日に桑実胚2個をまず解凍してみて、胚盤胞まで生き残るかどうか見る。2つもしくは1つ生き残った場合は、移植当日に3BB胚盤胞を解凍し、一緒に移植。桑実胚2個が両方ダメだった場合には、移植当日に3BB胚盤胞1個と初期胚盤胞2個を解凍して、移植とのこと。
だから、3個もしくは2個移植の予定。明朝、培養士さんが桑実胚が生き残ったかどうか電話をくれるそうだ。がんばれ、うちの子

桑実胚をまず解凍・培養してみるのは、胚盤胞になるかどうかわからない胚をずっと保存していて、保存料金を払わせるのはしのびないから、だそうだ。なかなか芸が細かい。

でも、KLC系の病院では、全ての受精卵が、凍結に適した状態の胚盤胞になるのを確認してから凍結するようだ。さすが日本人の本領発揮。さらに芸が細かい。

ちなみに、アシスタント・ハッチング付。凍結胚にはすべからく施すそうです。


さて。


内膜は厚くなり、体温も上昇で、準備万端 後は神頼みよっ
と、いうわけで、ロサンゼルスのお寺、本願寺に行ってまいりました。不信心なのですが、このお寺は初めて(スミマセヌ)

honganji.jpg


お賽銭いれようとしたのだけれど、賽銭箱見つからず。アメリカ、しかもロサンゼルスで外に賽銭箱置いたら、危険なのかもな~と感想を抱きつつ、移植必勝を祈ってきました。

ヒヤシンスさん、cuminpieさん、エンジェルさん、くまこさん、Abbieさん、れいこさん、まぐぃーさん、ハイジさん、すみれさん、gohanさん。そして、コメントは残さないものの、このブログを読んでくれて、治療をがんばっている皆さんの分もお願いしてきましたよっ 皆様のもとに幸せが訪れますように。。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 移植必勝を願って
 ← ポチッ


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。