プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D23 移植
朝、トレーシーの鍼院で、身も心もリラックスして病院へGO!

前回と違って、採卵・移植をする患者さんがまったくいず、手術室に直接通された。
今日は私一人らしい。こんなんで、Wisot先生の給料は払えるのか!?

手術室に入ると、なんとラジオからハードロックがじゃかじゃか鳴っていた。せっかく、鍼でリラックスしてるのに、エキサイトしたくないよねぇと、 看護婦さんにお願いして、クラッシックに変更。心安らかに、卵ちゃん達をお迎えしたいものです

ベットで水をちびりちびり飲んで待っていると、培養士さんが登場。移植する卵の写真を持って来てくれた。
今回の移植は、採卵6日目に3BBだった胚盤胞と、桑実胚2個の予定。正直、あんまり期待できないかも。。。と思っていた。冷凍・解凍のショックで生き残らないかもしれないし。。。

が、なんと。


「3つとも生き残ってますよ~」

と、培養士さん

さらに

「桑実胚の1つが3AAになりましたよ~」

と。

ああ、ママ感激。「6日目に胚盤胞になれない子なんて、望み薄よ」なんて思っててごめんなさい。一人でがんばってくれたのね。ママもがんばるわ。と、俄然やる気がでた。卵ちゃんありがとう。

ちなみに、もう1つの桑実胚は、死んではないし、微妙に胚盤胞になっているけれど、拡張もほとんどしてないし、望み薄とのこと。捨てるのもなんなので、移植しましょう、みたいな感じ。

[ 卵達の写真 ]
3bb.jpg6日に3BBになった子。解凍したばかりなので、まだぐしゃっっとしている
3bb.jpg前日に解凍したら、翌日3AAになってくれた桑実胚。親孝行者。
murula.jpg育とうとしているけど、あんまり育たなかった桑実胚。赤丸のところが微妙に胚盤胞になっているらしい


3bb.jpg
おまけ。前回移植した、5AAの卵。5ステージは、ハッチングした後のようなので、これは、ステージ3ぐらいの写真?


アシスタント・ハッチングしてあるはずだけど、透明膜が厚いように思える。なんですかねー???


培養士さんの説明後、ピンクのシャツを着たWisot先生が現れて、さくっと移植してくれました。


卵ちゃん達、あとは君達次第だ。頼んだぞ。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 卵達がんばるのだ
 ← 母は応援しているゾ




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。