プロフィール

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後38日目(8w2d)
ようやく8週目に到達。

先週、おりものシートを半分染める程度の出血があったり、赤黒いおりものがあったりで、なかなか心配。とはいえ、出血のために病院に電話かけても「安静にしてて」としかいわれないので、最近は、変な体組織状のものがトイレに浮かんでようと、諦めモードでできるだけ安静にしてるだけ。ほんとに、これでいいのだろうか?


心配で1日早めてもらっての診察。Dr.Yee。


べビちゃんはちゃんと育ってて、一安心。
1.73cm。頭でっかちになっていた。
来週にはぐんと人間らしくなる模様。

旦那さんは、超音波見ながら笑顔満面で、「アナタ、あんなに不妊治療嫌がってたのに」と、どつきたくなる。


筋腫も10%ほど育っていて、べビちゃんよりも大きい様子。

「妊娠したら、ホルモンの関係である程度大きくなるし、もはや何の治療もできないから」

と、いわれた。わかってるけど、トドメ刺された気がする。

出血に関しては、子宮の中に血の塊がある様子はないから心配はいらないけれど(*)、Baby Aspirin摂取は終わりにしてね、とのことでした。
(*子宮内で出血すると、流産率が高まるそうです)


血液検査の結果、エストロジェン・パッチは終了。プロジェストロンは半ccに減量となりました。

あと1,2回の検診でIVFクリニックは卒業だそうです。
卒業したら、妊娠判定後の薬についてまとめようと思ってます。


不妊治療で精根使い果たせいか、どうもグダグダモード。
不妊治療ってすごいエネルギー使うんだなぁ、と、あらためて確認。

この記事も、気合抜けまくってます


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ 
 

スポンサーサイト
移植後32日目(7w3d) 子宮筋腫発覚
今日はくまこさんとばぁにぃさんの採卵だな、うまくいくといいな、と思いながら朝病院へ。(良い卵がたくさん取れるように祈ってます。。。)

つわりの気配はほとんどなく、ぴんぴんしている今日この頃。もうそろそろ、体を動かし始めたほうがよいかなぁ~と思い、先週末に散歩をい始めました。近くのラグビー・フィールドで、約400m程の散歩。すると、見事に翌日・翌々日と茶おりが急増。茶おりは軽度の切迫流産の兆候という人もいるようだし、安定期になるまでじっとしてようと決めました。

その他は、何も異常・変化がなさすぎて、お腹のべビちゃんはホントに生きているのだろうか?と思いながら受けた3回目超音波。Dr.Yee担当。

べビちゃんは、順調そのものらしいです。
1cm程に育ってました
ネットを覘いたら、7週のべビちゃんは、3cmと載っていた。うちの子は小さめなのね。
( ←間違い。標準みたいです。http://www.h3.dion.ne.jp/~oasis77/ninsinkansan.htm  silverbearさん感謝)
ちなみに、うちの病院の患者統計では、6週の心拍確認以降で流産率10%、7週以降は5%まで下がるそうです。

先週より大きくなってスクリーンに写っているべビちゃんを、「うふふ」みたいな顔で眺めていると、ドクターに、ドカーンと爆弾発言を落とされた。

ドクター「これ筋腫だね。知ってると思うけど」

私「え?・・・・知りません」

ドクター「スクリーンテストで言われたでしょ」

私「言われたことないですよ・・・」

ドクター「記録みてみるよ」


Dr.Yeeがそそくさと、3月にDr.Wisotがやった、Sonohysterogramの写真を取り出してきた。

ドクター「ほら、ここだよ。」

Wisot先生、一言もそんなこといってなかったのに。指差されても困るんです。。。

「流産の確率があがるんですか?」と聞くと、「筋腫がとても大きくなると、そうなるかも」との答えだった。現状は一番大きいもので2cm。その他、何個か1cmぐらいのがあるらしい。一般に、妊娠している最中はホルモンの関係で大きくなるそうだ。妊娠中で治療はできないので、経過観察と言われた。

家に帰ってからネットで調べると、「流産・早産を引き起こすこともあるかな?」ぐらいで、あまり怖いものではないらしい。位置によっては不妊の原因になるとか。

そうはいっても、何故にIVF前に言ってくれなかったんだよ~。言ってくれたらIVF前に除去したのに~
。先生、気がきかなさすぎ。

次の超音波は1週間後。うちの病院は、卒業まで1週間に1度検査するようです。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 「いまさら。。。」にちょびっと落ち込んでいる私に
 ← 応援の一ポチ
旦那さんの治療(4) - Dr.の変更
前回の記事より、1ヶ月以上も空いてしまった、「旦那さんの治療」シリーズ。
お医者さんのアポとりなどですっかり手間取ってしまい、停滞してました・・・
ここにきて、ようやく話が進むか!?と思いきや、結局、それほど展開がなかったのですけど、ご報告です。

~前回までのあらすじ~~~~~~~~~~~~

男性不妊専門医・Dr.Rajferによって、精索静脈瘤(Varicocele)と診断された旦那さん。正確な診断のために、超音波検査をうけるべしとの使命を受けたのだが、Dr.の指示通りの起立姿勢で超音波を受けることに失敗。Dr.のに指示をもう一度仰ぐことに・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Dr.Rajferに聞いたところ、「やはり起立姿勢で超音波をしなければいけない」と言われ、Dr.が知り合いの超音波技師に紹介された。カイザーHMOの保険しかもっていない旦那さんの診察料は$466(イタッ)。 その超音波技師によれば、やっぱり、左側に小さな精索静脈瘤があるとのこと。
旦那さんの精子の問題点は、

運動率        17%。60%以上が正常
奇形率        クルーガー基準で1%。正常は14%以上
DNA破損率     23%。 15%以下が正常。30%以上になると、もはやIVFでも妊娠できない

の3つ。でも、精索静脈瘤を直せば、30~50%ぐらいの確率で、この3つとも直る可能性があるそうだ。
これはもう、治療するしかないでしょう、と結論がでたところ、旦那さんが

「保険の効くカイザーHMOで治療したい」

と、言い出した。

医療費高いし、旦那さんの気持ちはよくわかるのだけれど、これが混沌とした展開を引き起こした。

まず、カイザーのプライマリー・ケア・ドクターにコンタクトを取り、近くのカイザー@ハーバーシティの泌尿器科にリファーしてもらった。プライマリー・ケア・ドクターが言うには、2週間以内に泌尿器科から連絡が来ますよ、とのこと。(連絡だけで2週間もかかるんかい、と驚いた)が、2週間たっても連絡がこない。プライマリー・ケア・ドクターと泌尿器科の両方に連絡をとったところ、確かにまだ連絡していないようだから、明日に連絡いくように伝える、とのこと。で、待つこと2,3日。また連絡がない。腹をたてながら電話すると、「カイザー・ハーバーシティーには、男性不妊がわかるドクターがいないので、手術はできない。コンサルタントならできるから、それでいいなら、1ヶ月半先に空きがあるから予約を入れてください」と、言われた。

おい。それならそうと、最初にいってくれ(怒)


困りはてた時に、救いの手を差し伸べてくれたのは、ブログ仲間のれいこさんだった。(ありがとう!)カイザー・サンセットに、男性不妊のわかるドクター(Dr.Shapiro)がいるよ、と教えていただいたので、プライマリー・ケア・ドクターに、Dr.Shapiroへリファーをお願いしたのだ。そうしたらなんと、次の日にカイザー・サンセットから電話がかかってきて、あっさり予約がとれた。
(ロサンゼルス界隈に住んでいて、保険がカイザーの方。男性不妊にお悩みならば、カイザー・サンセットに行くとよいですよ!)

で、待つこと3週間で、ようやくDr.Shapiroとご対面(コンサル料$132)。旦那さんのみ訪問。旦那さんの話によれば、まさに、Back To The Futureのドクみたいな先生だそうだ。(れいこさん、ナイス)
見たことがないような機械で、診察を受け、かなりビビッたとのことw。
精索静脈瘤の治療は、オプションは2つ。精巣周りの皮膚を切って、精索静脈瘤を取り除くか、Embolization (X-Rayで、患部を探知したあと、コイルを患部にいれて、血流を止める。コイルを入れるため、開腹手術になる)の、どちらも、ある程度大変な治療になってしまうという説明を受けたらしい。
Embolozationのお値段は、50%保険が効いて、$2500だそうだ。つーことは、保険なしだと$5000ぐらい。

開腹手術だ、と聞いて、旦那さんビビりまくり。もう、妊娠しているのだし、やりたくない~と、駄々をこね始めた。もう妊娠しているとはいえ、流産するかもしれないし、子供は一人以上欲しい。直せるものなら直して欲しい。。。。そう訴えると、

「わかった。直す。でも、できれば、Dr.Rajferに手術をお願いしたいので、来年の保険切り替えまでまって欲しい」

とのこと。Dr.Shapiroは独特すぎて、怖かったそうだ。
ま、妊娠したし、流産しないかぎりはすぐに直さなきゃいけないわけでもないし。。
ということで、旦那さんの治療は来年以降になりそうです。


ちなみに、Dr.から、何故IVF前に精索静脈瘤を直さなかったか聞かれたそうだ。
精子の質が上がったほうが、絶対成功率あがるもんねー。男性不妊にお悩みで、IVFを考えている方は、まず男性不妊専門医にいったほうがいいですよ!




にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← いまだ
 ← 治療を進めてます
移植後25日目(6w3d) 心拍確認
先週は、皆さんのうれしいニュースや悲しいニュースがたて続きに入ってきたあわただしい週だった。

うれしいニュースを聞くとうれしいのだけれども、そのすぐ後で、悲しいニュースが入ってきたりして、うれしいのか、悲しいのか、複雑。。。。。

----------------------------------------------

さて。


早朝、病院の待合室にいると、ばぁにぃさんが声をかけてくださった^^
今日は同じ診察日だったので、会えるねーと、話していたのだ。
ばぁにぃさん、元気いっぱい!私は寝ぼけ気味でスミマセン(^^;。朝ご飯食べていかなかったから、ぼーっとしてまして。夕方なら、もう少しシャキッとしてます。
治療引き続きがんばってねっ!


さてさて。


今日の当番はDr,Wisot。「不安なんです~」と、訴えると、「不安になることなんて一つもないよっ」と、ニッコリ。いつもながら優しい。
おもむろに、Dr.がプローブを入れると、スクリーンにタイノウが。素人目には何がなんだかよくわからいのだけど、Dr.が元気に説明してくれた。先生、今日、ハイパーですね^^。

Dr.「今日、チェックするポイントは3つ! 1. タイノウが倍以上に大きくなっているか 2.タイノウの中に胎芽がみられるか 3.心拍が確認できるか。 それでは、1からいってみよう」

そういって、タイノウの大きさを測ると、1.24cm。

Dr.「大きくなっている? Yes or No?」
旦那さんと私「.....Yes.」


次は、ズームインして胎芽の確認

Dr.「中身はみえる?」
旦那さんと私「・・よくわかりません」
Dr.「これこれ(と、指差す)」


Dr.「そして最後。これが心拍」
と、ピコピコしたところを指差してくれた。


Dr.「すべて正常!(ニッコリ)」


不安が解消されてうれしかったけど、それより、やたら上機嫌なDr.が印象的だった。
「これでまた一組、幸せなカップルを増やしちまったぜぃ、俺」とか、考えてるのかな


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← もう少しで卒業です
 ← あと一息
移植後18日目(5w3d) 胎嚢確認 p(^-^)q
話がさかのぼること妊娠判定1回目血液検査の日。

陽性判定に喜んだのもつかのま、仕事がどーにもこーにも忙しくて、夜9時まで残業したんです。
そしたら、翌朝、出血が。 顔面蒼白

それ以来、そろーりそろーりと生きてます。会社は半休、独立記念日3連休もずっと寝てました。

移植後15日目にあった2回目血液検査の結果、hCGは520。
2倍の法則にかなってはいるけれど、スバラシク高くもない数字。(贅沢)

なんとなくあった、つわりらしき胸のムカツキも消えてしまい、思い出すのは前回の悪夢ばかり。
また、超音波になんにも映らないかも。。。
昨晩は、心配で心配で眠れませんでした


そんなこんなで出かけた、一回目超音波。旦那さんも一緒。


------------------------------------------------------

不安で、とんでもなく長く感じた1週間だった割には、胎嚢はあっけなく見えました。


今日も朝から元気なDr.Yeeがプローブを入れると、さほど間をおかず、ドーナツみたいなものが1つスクリーンに。

「これが胎嚢だよー。真ん中の空洞は液体」

と、Dr.。

安堵と感動で、隣の旦那さんの手を握り締めちゃいました。


Dr.「大きさは5mm」

これが、大きいのか小さいのかわからないけれど、Dr.がいうには合格のサイズ。


胎嚢確認に、看護婦さんも一緒に抱き合って喜んでくれました


------------------------------------------------------

帰りの道すがら、「双子じゃなくてよかったよ~」っと、旦那さんが安堵の表情をしていたのが印象的だった。家事能力のない奥さんを持つと、育児のほとんどが旦那さん担当になりそうだもんね。ははは。私は双子が良かったんだけどさー^^


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 第二関門突破!
 ← 次は心拍確認

妊娠判定・hCGについて
hCGについてまとめてみた。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は着床の直後から胎児の栄養膜で作られる。hCGは黄体の保持を促進し、プロゲステロンを分泌させる。プロゲステロンは子宮の内側を血管で肥厚させ胎児の成長を促進する。妊娠検査で測られるのは、hCGのβサブユニット(βhCG)。 hCGはLHと似ているので排卵促進剤としても使われる。

妊娠判定時にhCGがでて(=着床)いても、まだ安心はできない。
チェック・ポイントは2つ。

A ) hCG値が低すぎないか
B ) hCGの上昇スピード


A ) hCG値が低すぎないか
夢クリ院長のKLC時代の研究。 胚盤胞移植後7日目のβhCG値と生産率の関係
http://funin50.umin.jp/02program/doc/s5_4.doc
βhCG(mIU/ml) 生産率
1~104.3%
10~2020.8%
20~3038.5%
30~4056.3%
40~5065.9%
50~6079.8%
60~7081.3%
70~82.9%
どんなに高くても、流産率が20%あるのはつらいところ

アメリカでは、16dpo (=16 Days Past Ovulation、3日目移植の場合は、移植後13日目。5日目移植の場合は、移植後11日目 )に妊娠判定をする病院が多い?

16dpoでのβhCGと妊娠20週継続率の関係
βhCG(mIU/ml) 妊娠継続率
25~50<35%
50~10035 - 64%
100~20064 - 80%
200~50080 - 95%
500~100095 - 100%
>1000100%

年齢が高くなると、hCGが高くても流産率が増えるらしい。悲しい。。。
hcg.jpg
上の線は40歳以下。下の線は40歳以上。

元記事はココだけれども、サーバーがよく落ちているので、ココにコピりました。
Squidのページにも似たような数字がのっているけれど、サンプル数が少なめ。

5日目移植後14日目(19dpo )で判定という人も結構いるようですが、はっきりとしたデータは見つからず。(見つけたら教えてね。)でも、”Predictive value of hCG level 14 days after embryo transfer”という記事に、hCGレベルが300以下の場合、20週までの妊娠継続可能性は9%、300~600の場合、40%。600以上の場合は、多胎の確率が高いと載っています。(ただ、この記事、hCG別患者数の総計が、サンプル患者総数(111人)と合ってない。疑わしい)

B ) hCGの上昇スピード
妊娠超初期には、hCGがだいたい48~72時間で2倍になっていればOK。平均は46.56時間。米国の病院では、1回目検査の2日後に再び測るところが多いようで、2回目にあまり上昇していなければ、残念ながら流産に終わる確率が高い。

上昇スピードの計算
1回目hCG値
2回目hCG値
1回目検査と2回目検査間の日数
2倍になる速度時間
1日当たりの上昇速度
(注)1日当たりの上昇速度とは - 例えば上昇速度が
1.5で、1回目のhCG値が100の場合、次の日の
hCG値は150。


妊娠継続している場合は、1200ぐらいまでは指数関数的に上昇していくけれども、それ以後は、上昇が緩やかになる様子。1200より少なくても、上昇が少し停滞した後、また上昇し始める人もいるそうです。

妊娠判定検査以降のhCG値。検査機関によって、バラツキが大きいので、参考程度にどうぞ。
Beta Scores for Successful* Single Pregnancies - betabase.info
What is beta hCG? - obfocus
Early Pregnancy Including HCG levels and ultrasound findings
Normal hCG Levels in Pregnancy




移植後11日目 妊娠判定
悩みの種だった腹痛は、木曜夜、ベットでのたうち回ったのを最後に回復。それとともに、体温が徐々に下降気味。

もしかして、私、もう出産しちゃった?。。。

と、不安で迎えた血液検査。やっぱり、検査薬試さずに出かけた。
つーか、臆病者で、試せなかった。。。スミマセン

-------------------------------------------------------------------

午後、病院から電話がかかってくるのを待ちきれず、こちらから電話を入れると、

「おめでとういいニュースよ

と看護婦さん


結果は、陽性。


hCGは134で、低すぎることはないようです。 (ほっ)


まずは、第一関門突破しました


次なる関門は、

7月5日  2回目血液検査
7月9日  胎嚢確認のため1回目超音波 (←前回はここでコケた)
7月16日 心拍確認のための2回目超音波

うまく行けば、今月の半ばには、ようやく一息つけるかも。

ああ、感動
支えてくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

hCGが134だったのは、低すぎはしないけれど、けして高くはない感じ。
ちなみに前回は49で、hCG低すぎの異常妊娠でした
hCGについて、いろいろ調べたので、明日、あさってには投稿しようと思ってます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 第一関門突破!
 ← 次は胎嚢確認だッ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。