プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後18日目(5w3d) 胎嚢確認 p(^-^)q
話がさかのぼること妊娠判定1回目血液検査の日。

陽性判定に喜んだのもつかのま、仕事がどーにもこーにも忙しくて、夜9時まで残業したんです。
そしたら、翌朝、出血が。 顔面蒼白

それ以来、そろーりそろーりと生きてます。会社は半休、独立記念日3連休もずっと寝てました。

移植後15日目にあった2回目血液検査の結果、hCGは520。
2倍の法則にかなってはいるけれど、スバラシク高くもない数字。(贅沢)

なんとなくあった、つわりらしき胸のムカツキも消えてしまい、思い出すのは前回の悪夢ばかり。
また、超音波になんにも映らないかも。。。
昨晩は、心配で心配で眠れませんでした


そんなこんなで出かけた、一回目超音波。旦那さんも一緒。


------------------------------------------------------

不安で、とんでもなく長く感じた1週間だった割には、胎嚢はあっけなく見えました。


今日も朝から元気なDr.Yeeがプローブを入れると、さほど間をおかず、ドーナツみたいなものが1つスクリーンに。

「これが胎嚢だよー。真ん中の空洞は液体」

と、Dr.。

安堵と感動で、隣の旦那さんの手を握り締めちゃいました。


Dr.「大きさは5mm」

これが、大きいのか小さいのかわからないけれど、Dr.がいうには合格のサイズ。


胎嚢確認に、看護婦さんも一緒に抱き合って喜んでくれました


------------------------------------------------------

帰りの道すがら、「双子じゃなくてよかったよ~」っと、旦那さんが安堵の表情をしていたのが印象的だった。家事能力のない奥さんを持つと、育児のほとんどが旦那さん担当になりそうだもんね。ははは。私は双子が良かったんだけどさー^^


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 第二関門突破!
 ← 次は心拍確認

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。