プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後25日目(6w3d) 心拍確認
先週は、皆さんのうれしいニュースや悲しいニュースがたて続きに入ってきたあわただしい週だった。

うれしいニュースを聞くとうれしいのだけれども、そのすぐ後で、悲しいニュースが入ってきたりして、うれしいのか、悲しいのか、複雑。。。。。

----------------------------------------------

さて。


早朝、病院の待合室にいると、ばぁにぃさんが声をかけてくださった^^
今日は同じ診察日だったので、会えるねーと、話していたのだ。
ばぁにぃさん、元気いっぱい!私は寝ぼけ気味でスミマセン(^^;。朝ご飯食べていかなかったから、ぼーっとしてまして。夕方なら、もう少しシャキッとしてます。
治療引き続きがんばってねっ!


さてさて。


今日の当番はDr,Wisot。「不安なんです~」と、訴えると、「不安になることなんて一つもないよっ」と、ニッコリ。いつもながら優しい。
おもむろに、Dr.がプローブを入れると、スクリーンにタイノウが。素人目には何がなんだかよくわからいのだけど、Dr.が元気に説明してくれた。先生、今日、ハイパーですね^^。

Dr.「今日、チェックするポイントは3つ! 1. タイノウが倍以上に大きくなっているか 2.タイノウの中に胎芽がみられるか 3.心拍が確認できるか。 それでは、1からいってみよう」

そういって、タイノウの大きさを測ると、1.24cm。

Dr.「大きくなっている? Yes or No?」
旦那さんと私「.....Yes.」


次は、ズームインして胎芽の確認

Dr.「中身はみえる?」
旦那さんと私「・・よくわかりません」
Dr.「これこれ(と、指差す)」


Dr.「そして最後。これが心拍」
と、ピコピコしたところを指差してくれた。


Dr.「すべて正常!(ニッコリ)」


不安が解消されてうれしかったけど、それより、やたら上機嫌なDr.が印象的だった。
「これでまた一組、幸せなカップルを増やしちまったぜぃ、俺」とか、考えてるのかな


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← もう少しで卒業です
 ← あと一息
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。