プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那さんの治療(4) - Dr.の変更
前回の記事より、1ヶ月以上も空いてしまった、「旦那さんの治療」シリーズ。
お医者さんのアポとりなどですっかり手間取ってしまい、停滞してました・・・
ここにきて、ようやく話が進むか!?と思いきや、結局、それほど展開がなかったのですけど、ご報告です。

~前回までのあらすじ~~~~~~~~~~~~

男性不妊専門医・Dr.Rajferによって、精索静脈瘤(Varicocele)と診断された旦那さん。正確な診断のために、超音波検査をうけるべしとの使命を受けたのだが、Dr.の指示通りの起立姿勢で超音波を受けることに失敗。Dr.のに指示をもう一度仰ぐことに・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Dr.Rajferに聞いたところ、「やはり起立姿勢で超音波をしなければいけない」と言われ、Dr.が知り合いの超音波技師に紹介された。カイザーHMOの保険しかもっていない旦那さんの診察料は$466(イタッ)。 その超音波技師によれば、やっぱり、左側に小さな精索静脈瘤があるとのこと。
旦那さんの精子の問題点は、

運動率        17%。60%以上が正常
奇形率        クルーガー基準で1%。正常は14%以上
DNA破損率     23%。 15%以下が正常。30%以上になると、もはやIVFでも妊娠できない

の3つ。でも、精索静脈瘤を直せば、30~50%ぐらいの確率で、この3つとも直る可能性があるそうだ。
これはもう、治療するしかないでしょう、と結論がでたところ、旦那さんが

「保険の効くカイザーHMOで治療したい」

と、言い出した。

医療費高いし、旦那さんの気持ちはよくわかるのだけれど、これが混沌とした展開を引き起こした。

まず、カイザーのプライマリー・ケア・ドクターにコンタクトを取り、近くのカイザー@ハーバーシティの泌尿器科にリファーしてもらった。プライマリー・ケア・ドクターが言うには、2週間以内に泌尿器科から連絡が来ますよ、とのこと。(連絡だけで2週間もかかるんかい、と驚いた)が、2週間たっても連絡がこない。プライマリー・ケア・ドクターと泌尿器科の両方に連絡をとったところ、確かにまだ連絡していないようだから、明日に連絡いくように伝える、とのこと。で、待つこと2,3日。また連絡がない。腹をたてながら電話すると、「カイザー・ハーバーシティーには、男性不妊がわかるドクターがいないので、手術はできない。コンサルタントならできるから、それでいいなら、1ヶ月半先に空きがあるから予約を入れてください」と、言われた。

おい。それならそうと、最初にいってくれ(怒)


困りはてた時に、救いの手を差し伸べてくれたのは、ブログ仲間のれいこさんだった。(ありがとう!)カイザー・サンセットに、男性不妊のわかるドクター(Dr.Shapiro)がいるよ、と教えていただいたので、プライマリー・ケア・ドクターに、Dr.Shapiroへリファーをお願いしたのだ。そうしたらなんと、次の日にカイザー・サンセットから電話がかかってきて、あっさり予約がとれた。
(ロサンゼルス界隈に住んでいて、保険がカイザーの方。男性不妊にお悩みならば、カイザー・サンセットに行くとよいですよ!)

で、待つこと3週間で、ようやくDr.Shapiroとご対面(コンサル料$132)。旦那さんのみ訪問。旦那さんの話によれば、まさに、Back To The Futureのドクみたいな先生だそうだ。(れいこさん、ナイス)
見たことがないような機械で、診察を受け、かなりビビッたとのことw。
精索静脈瘤の治療は、オプションは2つ。精巣周りの皮膚を切って、精索静脈瘤を取り除くか、Embolization (X-Rayで、患部を探知したあと、コイルを患部にいれて、血流を止める。コイルを入れるため、開腹手術になる)の、どちらも、ある程度大変な治療になってしまうという説明を受けたらしい。
Embolozationのお値段は、50%保険が効いて、$2500だそうだ。つーことは、保険なしだと$5000ぐらい。

開腹手術だ、と聞いて、旦那さんビビりまくり。もう、妊娠しているのだし、やりたくない~と、駄々をこね始めた。もう妊娠しているとはいえ、流産するかもしれないし、子供は一人以上欲しい。直せるものなら直して欲しい。。。。そう訴えると、

「わかった。直す。でも、できれば、Dr.Rajferに手術をお願いしたいので、来年の保険切り替えまでまって欲しい」

とのこと。Dr.Shapiroは独特すぎて、怖かったそうだ。
ま、妊娠したし、流産しないかぎりはすぐに直さなきゃいけないわけでもないし。。
ということで、旦那さんの治療は来年以降になりそうです。


ちなみに、Dr.から、何故IVF前に精索静脈瘤を直さなかったか聞かれたそうだ。
精子の質が上がったほうが、絶対成功率あがるもんねー。男性不妊にお悩みで、IVFを考えている方は、まず男性不妊専門医にいったほうがいいですよ!




にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← いまだ
 ← 治療を進めてます
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。