プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後32日目(7w3d) 子宮筋腫発覚
今日はくまこさんとばぁにぃさんの採卵だな、うまくいくといいな、と思いながら朝病院へ。(良い卵がたくさん取れるように祈ってます。。。)

つわりの気配はほとんどなく、ぴんぴんしている今日この頃。もうそろそろ、体を動かし始めたほうがよいかなぁ~と思い、先週末に散歩をい始めました。近くのラグビー・フィールドで、約400m程の散歩。すると、見事に翌日・翌々日と茶おりが急増。茶おりは軽度の切迫流産の兆候という人もいるようだし、安定期になるまでじっとしてようと決めました。

その他は、何も異常・変化がなさすぎて、お腹のべビちゃんはホントに生きているのだろうか?と思いながら受けた3回目超音波。Dr.Yee担当。

べビちゃんは、順調そのものらしいです。
1cm程に育ってました
ネットを覘いたら、7週のべビちゃんは、3cmと載っていた。うちの子は小さめなのね。
( ←間違い。標準みたいです。http://www.h3.dion.ne.jp/~oasis77/ninsinkansan.htm  silverbearさん感謝)
ちなみに、うちの病院の患者統計では、6週の心拍確認以降で流産率10%、7週以降は5%まで下がるそうです。

先週より大きくなってスクリーンに写っているべビちゃんを、「うふふ」みたいな顔で眺めていると、ドクターに、ドカーンと爆弾発言を落とされた。

ドクター「これ筋腫だね。知ってると思うけど」

私「え?・・・・知りません」

ドクター「スクリーンテストで言われたでしょ」

私「言われたことないですよ・・・」

ドクター「記録みてみるよ」


Dr.Yeeがそそくさと、3月にDr.Wisotがやった、Sonohysterogramの写真を取り出してきた。

ドクター「ほら、ここだよ。」

Wisot先生、一言もそんなこといってなかったのに。指差されても困るんです。。。

「流産の確率があがるんですか?」と聞くと、「筋腫がとても大きくなると、そうなるかも」との答えだった。現状は一番大きいもので2cm。その他、何個か1cmぐらいのがあるらしい。一般に、妊娠している最中はホルモンの関係で大きくなるそうだ。妊娠中で治療はできないので、経過観察と言われた。

家に帰ってからネットで調べると、「流産・早産を引き起こすこともあるかな?」ぐらいで、あまり怖いものではないらしい。位置によっては不妊の原因になるとか。

そうはいっても、何故にIVF前に言ってくれなかったんだよ~。言ってくれたらIVF前に除去したのに~
。先生、気がきかなさすぎ。

次の超音波は1週間後。うちの病院は、卒業まで1週間に1度検査するようです。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 「いまさら。。。」にちょびっと落ち込んでいる私に
 ← 応援の一ポチ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。