プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト・トランスファー
予約時間の1時間半前に、会社についてるジムでシャワーを浴びて、病院にダッシュ{/hiyo_do/}

1時間前に膀胱を空にした後、16オンスの水を飲んできてね、と言われたのだけれども、いろんな人のブログでとにかくいっぱい飲んでいっているようだったので、小ぶりのマグカップ+20オンス(700ml)のボトルを飲み干して病院に到着。到着時には、ああトイレ行きたい・・という感じだった。

トイレのことを考えつつ、待合室で待っているうちに、旦那さん到着。ルプロン注射は旦那さんが担当することになっていて、その講習があるので、来てもらったのだ。
前日、ストレス発散し終わったのか、旦那さんは、協力的。怖い・・

4時にになり、テスト・トランスファーが始まる。
膀胱の状態を調べていたDr.に、「飲みすぎだよ。次は、今回の4分の3くらいにしてね」と、言われる。丁度よい、膀胱の張り具合ってのがあるのかな?初耳だった。
テスト・トランスファーはつつがなく終了。私の管は曲がっていることもなく、簡単だったらしい。

よい機会だったのだったので、Dr.に正常形態率のことを聞いたら、Reproducive Partnersで使っているのはStrict morphology (= kruger)で、正常の平均値が12%程度で、4%以上が正常とみなされるということだった。「4%以上が正常なら、うちの旦那さんの1%でも、そんなにひどくないように思える」とDr.に言ったら、「悪いよ」と、一言で却下されてしまった。{/gp18/}


その後、看護婦さんに注射の講習を受ける。
講習の間中、ニコヤカな旦那さん。何かたくらんでるのか?
ルプロンの最中は、更年期症状みたいになるそうだ。数あるホルモン注射の中で、一番、副作用がはっきりする薬ということ。怖いなぁ。


-----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
漢方 朝2錠 昼2錠 夜2錠
Birth control pill  1錠
Prenatal Vitamin   1錠
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/16-a5993ba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。