プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sonohysterogram
Hysteroscopyをやると、子宮がきれいになって着床率があがるらしい。実際、IVFに成功した人のブログで、Hysteroscopyをやったのをよく見かける。
なので、Dr.WisotにHysteroscopyやってくれないか、とお願いしてみた。

Dr.曰く、「Hysteroscopyは麻酔が必要なオペだからやりたくない。でも、子宮をオペすると、着床率があがるのは確かだし、Hysteroscopy程の効果ははないけれども、Sonohysterogramなら、やってもいいよ」とのこと。Sonohysterogramは、液体を子宮に流し込んで、ウルトラサウンドで様子を見るオペらしい。液体が子宮をキレイにしてくれるのか?

Hysteroscopyは、Dr.がガンとしてやりたがらないので、私が折れて、Sonohysterogramにすることにした。

月曜日。Sonohysterogramの当日。

いつもは、がらーんとしている待合室に、めずらしく3組のカップルがいた。
ホントに珍しい。。。
うちの病院って、35歳~37歳枠でも成功率50%超えてるし、先生達はUCLAで教えてるし、雑誌によく取材されているようだし(待合室に20cm程厚みのある切り抜き帳が置いてありま)、それなりに有名な病院だと思うのだけど、いつ病院に行っても、お客さん・・・もとい、患者さんがあんまりいない。1回の治療費高し→患者数減る→患者さん当たりの利益率アップのために治療費高値維持。の循環になっている気がする。
日本の治療費って高いっていっても30万~50万円で手が届く範囲だから、KLCみたいに4時間待ち、なんてことが起こるんだろうな。

オペそのものですが、10分くらいであっけなかったです。液入れて、モニターに映し出された私の子宮も、きれいそのもの(Dr.談)まあ、正常だろうと予想はしていて、洗ってもらうためにやったのですが。
帰りに、お代をみたら、550ドルとなってました。高いエステ代だよなー(保険が払ってくれるけどね)

-----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Birth control pill  1錠
Prenatal Vitamin   1錠
ルプロン  朝10unit
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/19-0bc6cf61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。