プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血液検査・超音波 --- 血が採れん(涙
刺激開始前の血液検査・超音波検査があった。

朝7時半ぐらいに病院に着くと、4組程のカップルが。朝ならいつも患者さんがいるのね。なんとそのうち1組は日本人のカップル。話さなかったけど、なんとなく顔がゆるむ。故郷の人に会うとうれしいな{/gp21/}。人工授精をされているらしかった。

看護婦さんに呼ばれると、まずはDr.が超音波検査。卵巣の様子は
「Nice and Quiet」と、いつものようにニッコリほほえむDr.Wisot。優しいし、面倒見いいし、Dr.Wisot大好きデス。

次の血液採集で問題が。。。
朝早かったので、飲み食いしていかなかったせいか、看護婦さんが何度トライしても、血液採集ができないのだ。針を何度角度を変えて突き刺そうが、うんともすんとも言わない私の血管。。。痛い。{/hiyoko_cloud/}
大丈夫じゃないだろーなーと思っているのか、不安そうな表情を浮かべながら「大丈夫?」と聞く看護婦さん。大丈夫なわきゃないよなーと思いつつ、顔で笑って心で泣いて、「大丈夫です」と返す私。2人とも大人だわ。何度やってもだめなので、

水分補給+しばらく待った後、またトライ→またダメ
他の看護婦さんに応援を頼む→成功!

朝、来る前にたっぷりと飲み食いしてこなきゃだめだと学んだイタイ経験でした。。。

さて、水分補給の間に刺激注射の講習を受ける旦那さんと私。
血液検査の結果がよければ、次の日から刺激注射(Menopur + Gonal-F)を始めるそうだ。ルプロンの量は減るものの、いままで通り続けるので、毎日注射3本!
針の太さはルプロンと同じで小さいから、そんなに痛くないかな?

--------------------------------------
午後、病院より電話があり、E2レベルは20より少なくて、刺激注射にGOサインがでた。20以下の場合は、測らないので、正確な数値はわからないそうだ。

明日から、Menopur 75IU と Gonal-F 150IU。Gonal-Fは Follistimと、「コーラとペプシの関係のごとく、同じもの」だそうだ。75IU と150IUって、アメリカでIVFを受けられた方々に比べたら、ちょっと少な目だよね?私は自然にしてても排卵あるし、やたら打たれたら嫌だなぁと思っていたので、少なめでよかった。

-----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
ルプロン  朝10unit
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/25-798b36ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。