プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激5日目。鍼の先生との会話
鍼の日。
日系情報誌で知った、U先生のいる病院へ。U先生は日本人女性。1児の母だ。
第一子は、1回の人工授精で授かったそうだ。第二子を同じく人工授精でトライしたところ、失敗。1回IVFを試したのだけれども、やっぱり失敗したので、「もう枯れてしまったかぁ~とあきらめた」そうだ。

アメリカでも不妊鍼治療はわりと知られているらしく、IVFをやる患者さんがよくいらっしゃるそうだ。もちろん、U先生のところは日本人のお客さんが多く、不妊治療にまつわるエピソードをいろいろ聞くらしい。

先週来たお客さんから聞いたエピソードがすごかったという。

そのお客さんの友達で、36歳ぐらいから不妊治療を始めて、16万ドルを治療費に費やしても妊娠しなかった人がいるそうだ。で、40代になって、妊娠をあきらめて養子をもらったところ、自然妊娠(汗
16万ドルというのが、U先生の聞いた過去最高額だったそうで、とても印象が残ったということだ。
「お客さんの友達」って、話の信憑性に怪しさが漂うんだけど、どんな治療したのか気になる。

その他、日本でIVFしてだめでアメリカでやったら成功した人とか、その逆のパターンとか、そりゃもういろいろな人がいるそうだ。
そんなこんなでU先生の結論。

「何が正解なのかなんてわからないから、とりあえずいろいろやってみるのがいいんじゃないかな。アメリカの治療でも日本の治療でも、選べる立場にいるんだし。」

ってことでした。そうだなーって、共感しました。
-----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
ルプロン  朝5unit
Menopur 朝75IU
Gonal-F 夜300IU
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/30-e4536030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。