プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激7日目。薬の追加注文
薬がおもいっきり足りなくなるので、追加注文した。
私の保険では、Freedom Pharmacyという、ボストンにある薬局から買わなければならないので大変。一体、期日までに届くんだろうか・・・と、ひやひや。

さて、関係ない話ですが。
私の父は、パーキンソン病です。パーキンソン病というのは、ゆっくりと筋肉が動かなくなったり、体の震えで動作の制御ができなくなったりする不治の難病です。すぐに死ぬということは無いのだけれど、病気が重くなるとベットから起き上がれなくもなるらしい。マイケル・J・フォックスがこの病気を患っています。
遺伝子治療とか、幹細胞移植とか、いろいろ治療法が研究されているのだけれども、実用化はこれからといったところ。
しかし!、先週末、ネットで病気のことを調べていたら、なんと、幹細胞移植をやってくれるという病院が中国にあるのを見つけた。どうも幹細胞移植をしてくれる、世界でただ一つの病院らしい。そこのホームページは英語で、海外からの患者さんが多いようだ。術前・術後のビデオをみると、劇的に良くなっているようで感動{/gp28/}。(これで、お父さん死ななくてすむって思ったの)

むむー中国。規制が緩いから先進医療が発達するのか・・恐るべし・・。というのが第一印象。
そして、早速値段などを問い合わせてまたびっくり。
「ユーロで支払ってくれ」と言われてしまった。
ドルの覇権失墜をマジカでみた気がしました。世界って動いているんだなぁ。





-----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
ルプロン  朝5unit
Menopur 朝150IU
Gonal-F 夜225IU
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/32-b77271e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。