プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受精2日目。精子・DNAテストの結果
採卵日にもう一つ手に入れたものがある。

2月29日にオーダーした、精子のDNAフラグメンテーションテスト(SCSAテスト)の結果だ。
FAXの手違いやら、病院が旦那さん本人以外に結果を教えてくれず、レポート入手が延ばし延ばしになっていたのだ。

SCSAテストには、DFIとHDSの2つの項目がある。

DFIは、DNAの欠損具合を測る指標で、15%以下がExcellent。15%より大きく30%未満がGood。30%以上だとpoorに識別される。DFIが30%以上の精子の場合、体外受精しても良い受精卵ができなかったり、良い受精卵ができても着床できない、着床しても流産してしまうなど、出産にたどりつけないことがほとんどだという。他のテスト結果や受精卵の状態が良いにもかかわらず、何度体外受精しても失敗するカップルは精子のDFIが高い場合があるそうだ。ちなみに、抗酸化食品やサプリメントを取ると、良くなる人もいるという。

HDSは、精子の染色質の成熟度を測る指標。染色質の成熟度が低い精子の場合、中身がぎっしりつまっていないので、染色率が高いのだそうだ。15%以下が正常。15%より高いと異常で、ICSIをしないとしないと受精できないそうだ。ただ、ICSIをすれば、普通の体外受精と変わらない成功率になる。


さて、旦那さんの結果:

DFI = 23 %
HDS = 30.9%

DFI30%以下!
うれし~{/face_naki/}
今、この治療は無駄じゃないんだ、将来、子供ができるんだ、という安堵{/hearts_red/}。
旦那さんも、結果にかなりホッとした様子。奇形率が高い僕のせいで。。と、自分を責めていたからねぇ。。
HDSがとても高いけど、これはICSIをすればなんとかなるというし。

16個受精のうれしいニュースもあり、日本風イタリア料理店で祝杯{/3hearts/}。
旦那さんは、禁酒明け2ヶ月ぶりのワインをおいしそうに飲んでました{/face_en/}



----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
Progesterone      晩1cc
Doxycline 100mg    1日2回x1錠
Medrol 4mg       1日4回x1錠
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/44-d3875e52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。