プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植3日目。サクセスレート
病院からメールが送られてきた。
また、請求書?と空けてみたら、移植した胚達の写真だった。

移植の時にはさっとしか見れなかった時はあまり感激しなかったのに、家で落ち着いて見ていると、絶対育って欲しいなぁ。。と、欲が出てきてしまった。

あんまりにずっと見とれていたところ、旦那さんからつっこみが入ったので、

「毛がないトコロがパパ似と思って{/hearts_red/}」

といったら、ハゲかかっている旦那さんからどつかれた。



----------------------------------

アメリカの不妊病院別の体外受精成功率は、一般に公開されていて、CDC(http://www.cdc.gov/ART/index.htm)と、SART(http://www.sart.org/find_frm.html)で見ることができる。CDCのデーターの方が詳しいけれど、SARTの方がHPのナビゲーションが良いと、一長一短。


2006年のうちの病院の成功率をみると、35歳~37歳で、

サイクルあたり出産率 : 50.8
採卵あたり出産率    :55.0
移植あたり出産率    :56.9

と、少しずつ確率が上がっている。移植までたどりつけたので、すこーしずつだけど、私のオッズは上がっているのだな、ととてもありがたい。

ちなみに2001年~2006年までの移植あたり出産率平均@35歳~37歳は
51.7%。培養士さんが、うちの病院では70%~80%が胚盤胞移植だと言っていたのと、胚盤胞移植は8分割移植の大体2倍くらいの成功率があるのを考えて、
成功率をSとしたら

0.75xS+0.25x0.5xS =51.7
                  S=59.1


で、私の成功率はきっと60%弱あるのかな。
判定日は移植11日目。どうなるのかな~

----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
Progesterone      晩1cc
Vivelle        2パッチ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/50-3775c085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。