プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植10日目。判定前日
前日、体調がとてもよかったので、元気に動き回っていたら、腹痛が。
開発環境が死んで働けなくなったこともあり、とっとと家に帰ってオリモノシートをみたら、少量の茶おりがついていた。

茶おりはよくある妊娠初期症状だそうだ。
体温高いままだし、腹痛もある。胸も微妙に大きくなった気がするし、こりゃー陽性と確信して、

「私、絶対陽性だと思う」

と、旦那さんに言ったら、

「50%の確率なんだから、あんまり期待を高くもたないように。それより、茶おりは心配だから、朝病院に電話してね」

とのこと。慎重だなぁ。
ちなみに、まだ妊娠検査薬は使ってません。

朝、病院に電話をかけて茶おりのことを言ったら、

「鮮血でなければ心配いらないけど、念のため今日一日はベットで絶対安静にしてください」

とのこと。

アメリカの病院は心配性だなぁ。

休もうか悩んだけれど、プロジェクト〆前で、仕上げなければいけない仕事があるので会社にいったら、開発環境がまだ死んだままで働けなかった{/body_deject/}

会社でぼーっとしてても無駄なので、今日お休みにして明日働くようにマネージャーにお願いしたらすんなりOKが。
結局会社には30分も居ずに退社。ガゾリンとうとう1ガロン4ドル超えたガソリン・スタンドもあるというのに、資源無駄にしちゃった。

うちに帰ってみたら、茶おりがべっとり。
量が増えてるみたい。少し動くとこうなるのかなぁ????

判定日は明日!
間違ってたら恥ずかしいけど、きっと陽性だと思うので、あんまりドキドキしてないです{/rabi_love/}

----------------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
Progesterone      晩1cc
Vivelle        2パッチ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/54-5ab7c3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。