プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5w6d。妊娠の終わり、謎の始まり。
ドクター&私&ナースの誰もが「子宮外妊娠だろう」と考えていたのと、午後・夕方・夜になると必ず腹痛があるようになり、卵管破裂でもしちゃったら嫌なので、アポを無理やり27日から25日(5w6d)に移してもらった。
ちなみに、旦那さんが、アポ変更をかけあってくれてたうえに、診察についてきてくれた。心配だったらしい。ありがとう{/namida/}。こういう辛い時に側にいてくれると愛が増すのよね{/hearts_red/}

5w6d朝。Dr.Meldrumの超音波。
前回のDr.Yeeの診察同様何も映らず。Dr.は子宮外妊娠の兆候も探していたのだけれど、それも見つからず。結局、なんなのか謎のまま診察後、Dr.のオフィスに呼ばれた。

Dr.の話では、おそらく子宮外妊娠で、このまま待っていても出血のリスクが高まるだけなので、処置したほうが良いとの事。もちろん私も賛成。お腹の痛みがイッパイイッパイな感じで、ただひたすら早くだしちゃいたかった。
採卵前よりさらにお腹が張った痛みとか、突然きりきり痛み出す痛みとか、生理痛みたいな痛みとか、そりゃもういろいろな痛みが突如やってきて、いかにも時限爆弾をお腹に抱えているかんじ。{/hiyo_shock1/}
卵管妊娠の場合は、右か左のどちらかに痛みが偏っているらしいのだけど、不思議なことに、私の場合はそれがなかった。なんとなく左の方が右より痛い傾向はあるのだけれど、中央とか{/ase/}、下っ腹が満遍なく痛んだ。

Dr.の処置オプションは

1)癌治療薬(Methotrexate。通称MTX)
2)ラパロで着床部を取り除く。状態が悪くない場合は卵管保存処置。


の二つ。前日までにいろいろ読んで、

1)子宮外妊娠は繰り返す確率が20%~30%とかなり高い。卵管切除すれば確率はぐっと減る。
2)クラミジア歴があるので、そもそも卵管がダメージを受けている可能性が高く、保存する価値がないかな、という気がする。(ちなみに卵管造影はOKだったんですが、クラミジアなどによる傷は探知できないそうです)
3)うちの旦那さんの精子では自然妊娠は難しい
4)また同じ思いをするのは嫌だ
5)卵管切除でもMethotrexateでも、治療後3ヶ月は妊娠を控えたほうがよいらしく、ダウンタイムが同じくらいらしい

などなどのわけで、卵管保存せずに、ばっさり切り取っちゃいたい、とDr.に言ってみた。うちの旦那さんは手術でなくMethotrexate希望なので、私の意見に引きずられた感じだったけども、Dr.は私の希望が一番合理的と賛成してくれた。

決まっちゃえば善は急げ{/atten/}
同日午後、急遽手術をすることに{/hiyo_do/}。
ぽんぽんぽんと事が運び、5時には手術する先の病院のベットに横たわっていた。

いつもの病院とは違う病院で手術を行うのだけれども、執刀はDr.Meldrumが出張してやってくれるらしい。

麻酔士とDr.が説明をして帰った後は、記憶がぷっつり。おそらく5時半過ぎに手術がはじまったのだけど、起きたらすでに7時すぎで、旦那さんが隣に座っていた。

そして、驚きのニュースが旦那さんから語られた。

なんと、タイノウ組織がどこにも見つからなかった、と言うのだ。
子宮の中にはもちろん、卵管の中にも。お腹の他の部分にも。
卵管は2つとも、傷も何も無く、パーフェクトな状態なので取らずにおいて、そのかわり子宮内を掃除したということだ。

なんと{/hiyob_hat/}

Hcgの上昇はなんだったの???もしかして、私の妊娠願望がHcgを上げたの?そこまでできる私って、精神病んでる??お腹の痛みも私の想像??


トイレ確認の後、帰宅。その翌日、電話でDr.Meldrumと話した。
Dr.が言うには、おそらくタイノウが発達しなかった妊娠ではないかと。子宮内容物をラボに出したので、解析結果がそのうち届くとのこと。月曜日にまたHcgを計ってみて、さがっていたらそれでOK。下がっていなかったら、MTXを飲むということだ。下がっている可能性が大きいらしい。

もしかしてこれだったのか?と私が疑っている絨毛性疾患(Trophoblastic Disease)のことを聞いてみたのだけれど、発音が悪くて通じず{/kaeru_shock1/}
。医学用語って、発音難しいよね。今度、紙に書いて聞いてみよっと。

ちなみに絨毛性疾患は、染色体異常による絨毛細胞の病変なのだけど、今ひとつ私の症状にあてはまらないことが多く、Dr.の言うとおり、タイノウが発達しなかっただけなのかな、とも思ったり。


子宮外妊娠じゃなかった&卵管が正常だとわかっただけでも、ラパロをした価値があると思いたいw
とりあえず、月曜日のHcgが下がっているといいな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/61-3e00effd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。