プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掻爬の結果
朝、Dr.Meldrumから電話がかかってきた。
子宮内容物を調べた結果が帰ってきたので、報告したいということだ。
実は、昨日、看護婦さんに電話をして既に結果を聞いていたのだけれど、わざわざ電話をくれてうれしい。


結果は、まったく問題なし。ごく普通の妊娠初期の組織だったそうだ。
昨日、看護婦さんは、「胎児組織はまったく検出されなかった」といっていたけれど、Dr.は、「少量検出された」と言っていた。
うちの病院って、人によって、言うことが微妙に違うような。。(汗

赤ちゃん、3週間もお腹の中にいたのに育ってくれなかったのね。。。。

Hcgが上昇するにもかかわらずタイノウが育たないのは、1%ぐらいしかないとても稀なケースだそうだ。原因は良くわからないけれど、おそらく染色体異常とのこと。
この時期の異常って、他に調べよう・言いようがないんだろうな、と勘ぐってしまう。なんとなく、すっきりしない。

次の生理は4~6週で始まり、生理開始後凍結胚を移植していいそうだ。

着床したということは、私の子宮・子宮内膜は良好ということだし、流産した人は次サイクルに成功する確率が高いという研究があるよ、と慰めれられた。
実際、流産→成功というパターンをいくつかみているので、次の凍結胚移植に願いをたくそう。

ちょっと出血があったり、体温が落ち始めたり、体が徐々に戻っている感じ。
ピラテス・ウォーキング・ジョギングも少しずつ再開してます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/63-e3927d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。