プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那さんの治療(1) - 男性不妊専門医初診。
Dr.Wisotご紹介のDr.Rajfer。初診料$350也。

初診アポを取る時、名前の読み方を忘れてしまい、「ドクターラ、ラ、ラ、ラ、ラ・・・ジャファ?のアポお願いします」と言ったところ、「いったいそれはダレ?」という沈黙が電話向こうの受付嬢に流れたDr.Rajfer。Dr.レイファーと読む。インド系名前は難しいよねぇ。

さて、ドクター・レイファー。
友達からの前評判の通り、きっぱり、ばっさり言う系の先生でした。好みですわ。

今までの治療記録を手渡した後、旦那さん裸になり、診察。私は待合室に追い出された。
その後、15分ほどで診察室に呼び戻され、診察結果を聞くと、

「Bilateral Varicoceles(精索静脈瘤) だと思う。」とのこと。ただ、血液検査と超音波をしてみないとはっきりわからないから、保険の利く行きつけの病院で、血液検査と精巣部の超音波検査をしてきてと言われた。

英語でも日本語でも難しい単語、Bilateral Varicoceles(精索静脈瘤)とは。
精索静脈瘤は、精巣周辺の血液の流れが悪く、血が留まるので、精巣の温度が上がり、精子の質が悪くなる病気だそうだ。治療は、もし精巣の片側だけの場合はX線で、両側の場合は手術で行い、50%ほどのケースで良くなる、ということだった。運動率などの他に、精子の頭部奇形はよくなることがあるそうだ。

ネットでは、精子奇形は治療法がない、と書いてあるのをよく見かけるので、初診料$350が無駄になるかな、と、ドキドキしながら行ったのに、あっさり15分で診断がでてしまった。今まで、不妊治療に悩んだのはなんだったのかつーか、今まで行ってみた、3軒の不妊病院は私側にばかり薬・注射の連続で、旦那さんの治療は、誰も、何も言ってくれなかった。業務怠慢だよね。ああ、腹が立つ。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 自分で行動しないとだめ
にほんブログ村 マタニティーブログ 海外不妊治療へ ← だから、ポチッと押してみよう
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
50%!
花さん。 以前のブログにコメントさせて頂いたすみれです。
50%の確立って結構高いですね。私もKLCともう1軒、治療病院に行きましたが、男性不妊の治療法を進めるよりも体外の方がゴールが早いと言われて、男性側の治療を試す選択肢すらありませんでした。4軒ものお医者さんを訪ねた甲斐がありましたね^^手術のお話、これからも見守らせてください。やはりアメリカの方が医療が進んでいる、というのは不妊治療も同じなんですね。Dr.Rajferに期待しています^^
業務怠慢…治療が辛い時に思い出す言葉です。「痛い…!」って言うと怒られる時とか、「痛いよね、でも赤ちゃんのために頑張ろうね。」の一言くらい言ってくれても!って思います。看護師さんがたいてい優しく声を掛けてくれますが、お医者さんもそういう気持ちでいてくれてもいいですよね。同感してくれて、丁寧にしてくれるだけでいいんですけどね。
【2008/05/30 15:46】 URL | すみれ #rbQ0KZVg [ 編集]


こんにちは!
精索静脈瘤って初めてききました。 原因がわかってよかったですね。
主人が初めて精液検査を受けたときは、カウント数はよかったのですが、精液の量が0.2mlとかなり少なく、正常な精子は3%とかだったような気がします。
そして、泌尿器科に行く事になるのですが、うちの場合奇形精子の原因が、主人が常用していた薬にもあったようで、その薬の服用をやめると正常精子、直進率が増えはじめ、運動率もあがりはじめました。精子の量は相変わらずでしたが、、
ご主人も治療をうけて精子くんのパワーもあがり、凍結胚移植に望めるといいですね。
【2008/05/31 05:49】 URL | まぐぃー #- [ 編集]

>すみれさんへ
検索したら、精索静脈瘤の手術後1年で30%の男性不妊カップルで妊娠したという研究が出てきました。(高度生殖医療したのかどうか書いてないので、おそらく自然妊娠?)30%-50%って、体外受精の1回の成功率と同じくらいですよね。だったら、旦那さんの手術をしたほうが、長期的にみていいかもなぁって、思ってます。アメリカでも、不妊専門医院に行くと、男性側の治療は提案してもらえないですよー。それで、時間を無駄にした気がします(涙)。IVFが100%成功するならそれでもいいんですけどね。検索したら、日本でも男性不妊を取り扱っている泌尿器科があるようだったので、日本滞在の間に行っていらしたらいいかもしれません。

KLCは、特に患者数が多いので、お医者さんと人間らしいコミュニケーションを取れないと聞きます。すみれさん、きっと、大変な経験されたんですね。

ところで、以前、スプレキュアのことを書き込んでから、気になって検索してみたのですが、スプレキュアはルプロンと同じようにホルモンの分泌を抑制する薬で、排卵促進薬ではありませんでした。というわけで、私が書き込んだのは間違いです。ごめんなさい。ネットで、KLCの患者さんがスプレキュアを排卵促進に使っていると読んでいたので、そう思ってました。では、なんで排卵前に使っているのだろう?と謎です。自然排卵が基本だけど、やもなく排卵を延期するためとか?夢クリに診察に行かれたら、教えていただけませんか?

では、これからも、できるだけ、男性不妊の治療経過をご報告しますね!
【2008/06/01 12:55】 URL | 花 #- [ 編集]

>まぐぃーさんへ
まぐぃーさんは、そのような経過があった後に、IUIで妊娠されたんですね。それはとても励みになりますv-291
私達の場合、泌尿器科に行ったことがなくて。。というか、行ったほうがよいことを知らなくて、ようやく行った所です。己の無知が悲しいv-409

ところで肩ですが、子宮外妊娠をすると、肩が痛いか聞かれるですよ。子宮外妊娠疑惑があった時に、私も肩のことをきかれて、「肩凝ってて痛いです。。」って、間抜けな答えをしました(^^;人間の体って、どこがどうつながっているのかわからないものですね。
【2008/06/01 13:05】 URL | 花 #- [ 編集]


花さん またまた勉強になるコメントありがとうございます。
スプレキュア、私も調べてみたのですが、自然に排卵してしまうのをコントロール出来るようです。完全にコントロール出来ていたらKLCでも排卵済みの人は出てこないでしょうから、完全にはコントロール出来ないのでしょうね。夢クリニックに通い始めたら先生にも聞いてみますね。
日本では、東邦大学に男性不妊の治療をしているのは以前検索した時に見たことがあります。帰国したら、検討してみようかと思います。花さんの今していることはこれからの男性側の治療の普及に近づく第一歩ですね^^
【2008/06/01 20:58】 URL | すみれ #rbQ0KZVg [ 編集]

>すみれさんへ
ありがたいお言葉をいただいたのですが、サクッと、つまづいてしまったようです。(涙)
詳細は後ほど投稿しようと思っているのですが、どうも、「精索静脈瘤が原因ではないかも」という診断がでてきまして。袋小路にはいってしまった。。。
本当に、男性側の不妊研究がもっと進んで、治療が普及するといいんですけどねー。
【2008/06/04 15:48】 URL | 花 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://surfinusa.blog71.fc2.com/tb.php/76-3578fce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。