プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定申告終了っ!
わが家では、旦那さんがお料理・掃除担当で、私は洗濯・ネットワーク設定・確定申告など担当。男女の役割分担が少しづれております。

さて。
今年も確定申告の季節がやってまいりました。。。ということで、2,3週間前から、少しずつ書類の準備をして、ようやく会計士さんに持って行きました。

もう5年のお付き合いになる会計士さんなのだけれど、昨年中に、治安の悪さで有名なサウス・セントロ・ロサンジェルスからビバリーヒルズに引越しされて以来、始めて訪問するのでちょっとドキドキ。

新しいオフィスは、外見はすっきりさわやか、中身はほとんど変わらんかったです。

サウス・セントロのお客さんがついてこなかったのか、少しだけ暇そうにみえました{/gp23/}。ビバリーに移ったのは、客単価の高いクライアントを増やしたいのかな、と思われるから、しばらくインパクトがあるのはしょうがないのかも。

なにはともあれ、確定申告終わり!やたーぁ!
これでストレスの種が一つ消えた{/kaeru_fine/}



ちなみにアメリカでの医療費控除。
現状では、収入の7.5%を超える分しか控除できません。
わが家は共働き分の収入があるので、IVFを自費で払ったとしても、7.5%の上限に引っかかってしまって控除できません。がーん{/hiyoko_thunder/}

2007年度は1400ドル程しか医療費に使わなかったのであきらめがつくけれど、2008年度のIVFはどうなるかわからないので、 少しでも足しになるかと、Flexible Spending Accountを使って、5000ドルを年初に給料から無課税枠に移して置きました。
Flexible Spending Accountというのは、前TAX年中に次TAX年に使う医療費(または保育所費)を税前収入からあらかじめ引いておく制度です。5000ドルが上限です。Flexible Spending Account内の収入は無課税になるんですが、年が終えるまでに使い切らなくても戻ってこないという、なかなか使い勝手が悪い制度です。

-----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Prenatal Vitamin   1錠
ルプロン  朝10unit
miniIVF
昨晩、精液を無事採取。今朝方サウス・ダコダ州に発送した。結果発表までどきどきだわ。

さて、ネットを徘徊していたところ、babycom 高齢出産VOICEで、アメリカでの低刺激IVFについての投稿をみつけた。なんでも、

A)アメリカでは低刺激IVFは、minimal stimulation approach,mini IVF,mini-stim IVFと呼ばれる。
B)一般的ではないが、やってくれる病院もある。L.A.付近だと、Thousand oaks
C)KLC提携の病院New HopeがNYにある。そのホームページによれば、治療料金は日本並み。

それは知らなかった・・・というわけで、早速New Hopeのホームページに行ってみたら、安く、しかもそれなりの成功率を収めているではないか!{/kaeru_fine/}
すばらしい!と思いつつも、念のためCDCのページで公式成功率をみてみると。。

むちゃ低いやんけ。

この、ホームページ(または、お医者さんから直接聞く数字)とCDCのデーターがかけ離れている、ってのよくあるんですけど、なんなんでしょうね?
ちなみに、KLCの成功率って、ホームページには載せてないのだけれど、いくつぐらいなんでしょう?

-----------------------------------
81mg Aspirin     1錠
Birth control pill  1錠
Prenatal Vitamin   1錠
ルプロン  朝10unit
凍結胚スケジュール
2008年6月16日更新

アメリカの病院の凍結胚移植スケジュールは、刺激周期で一般的なロング・プロトコルと違って、病院によって差が大きいみたいです。

うちの病院@Reproductive Partners Medical Groupのスケジュールはこんな感じ。
*Vivelle = エストロジェンパッチ
Date検査備考
D1Vivelle 2枚超音波生理開始
D2
D3
D4Vivelle 2枚血液検査血液検査値次第でVivelleパッチ増量。私はE2が94で、パッチは2枚のまま
D5
D6
D7Vivelle 2枚
D8
D9
D10Vivelle 4枚自然なE2レベルの増加にあわせてパッチ増量
D11
D12
D13Vivelle 5枚超音波内膜(8mm - 8.8mm)のため、パッチ増量。経過観察
D14
D15超音波内膜(8mm - 9.2mm)のため、翌日よりパッチ増量。経過観察
D16Vivelle 6枚
D17
D18progesterone1.5cc超音波内膜(9mm-10mm)。内膜が厚くなったため、移植日決定。
D19Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
D20progesterone1.5cc
D21progesterone1.5cc
D22Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
Doxycline
卵確認のためラボに電話
D23progesterone1.5cc
Doxycline
移植
D24progesterone1.5cc
Doxycline
D25
 |Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
progesterone・Vivelle継続。
D33
D34Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
妊娠判定
ちなみに夢クリはマーベロン(=ピル)でホルモンを整えた後、エストレース(=エストロジェン)をD1に飲み始め、D10あたりでデュファストン(=プロジェステロン補充薬)を飲み始める感じらしい。

Amicaさんの病院のスケジュール (私のと似ている)
・次回の生理Day1から3日おきにEstradiol Patchを貼り続ける
・Day14に子宮内膜チェック(ウルトラサウンド)7mm以上になっているか確認
・Day15よりProgesterone開始
・Day20に移植

ここから先は、うちの病院とぜんぜん違う。

きらさんのスケジュールStanford Fertility & Reproductive Medicine Center
Date検査備考
D1超音波生理開始
D2
D3
D4
D5
D6
D7
D8
D9
D10
D11超音波排卵キットをでテスト開始。陽性になったら病院に連絡。
卵胞・内膜の様子によっては、毎日超音波を繰り返す
D?Hcg卵胞がよい大きさに成長したところで、HCGで排卵
Hcg後
1日目
Hcg後
2日目
Hcg後
3日目
Hcg後
4日目
progesterone
膣座薬
Hcg後
5日目
progesterone
膣座薬
Hcg後
6日目
progesterone
膣座薬
Hcg後7
日目
progesterone
膣座薬
胚移植


AmyさんのスケジュールNashville Fertility Center
Date検査備考
D1生理開始
D2
D3ピル開始
 |ピル継続
D16ピル継続
Lupron(20unit)開始
 |ピル継続
Lupron(20unit)継続
D30ピル最終日
Lupron(20unit)
D31Lupron(20unit)
D32Lupron(20unit)超音波
D33
 |何も無し
D38
D39血液検査
D40
 |何も無し
D45
D46血液検査
超音波
D47
 |何も無し                                                                                                                           
D50
D51胚移植



米不妊治療ブログ
2008年6月1日最終更新
日本→NY→CAと移動しながらの治療
Expecting Room かおりさん
アメリカ不妊治療記録の先駆的ページ。日本で不妊治療された後、NYそしてCAで受けたIVFの記録。その他、IVFスケジュールや婦人科辞典など、役にたつ情報盛りだくさん。


オハイオ州
★☆こうのとりがやってくる日まで☆★ エンジェルさん。
キュートな日常生活とIVF記録。外国生活は大変ですけど、お互いがんばりましょうね。


カリフォルニア州
アメリカICSI日記 Amicaさん
残念ながら失敗に終わったのですが、アメリカ在住中に受けた2回のIVF記録。その後日本に帰国治療され、見事成功!アメリカと日本のプロトコルは全然違うので、両方試してみるとよいかもしれません。日本での帰国治療記録はこちら。
Baby Stork きらさん。
2回目のIVFに成功。とっても可愛い女の子のお母さんに。うらやましい~。保険会社への問い合わせサンプル文など、いろいろと充実しています。
IVF in SF Natsumiさん。
白人に多いCystic Fibrosisが原因で、男性不妊→IVF。私の友達の旦那さんもCystic Fibrosisが原因でIVFしています。なんで、こんな病気があるんでしょうね
アメリカで不妊治療 シノビノさん。
初の体外受精で双子妊娠!OHSSの様子がとても大変そう。
アメリカでIVF。 cuminpieさん。
SFからコロラドの全米No.1の不妊専門病院で長距離治療。その行動力はすばらしい!私も次回はこのコロラドの病院にしようかな、と心揺れています。
ロサンゼルスの卵子提供エージェンシー 理子さん
IVF・代理母を体験された後、卵子提供エージェンシーを立ち上げられた理子さんのブログ。エージェントならではの業界内部事情を書いてください~。期待大です。
不妊症だいありぃ Los Angeles Reikoさん
なかなか大変な状況なのに、めげずに明るい様子には頭が下がります。見習わなければ。
ふにんちりょうnoオボエガキ ばぁにぃさん
なんと私と同じ病院で治療!仲間がいる~うれし~。暗くなりがちな不妊治療で、仲間がいるって本当に心強くなれますね!


カンザス州
ママになりたい!in USA ミユキさん
男の人って、不妊治療嫌がる人が多いですね。(うちも同じ)そして、男の人が嫌がっている間に、女の人の貴重な時間がサラサラと過ぎていく。。。切ない。


テネシー州
つれづれIVFの巻 Amyさん。
IVFの結果、見事双子ちゃん妊娠。IVFスケジュール表・IVFコストなど、いろいろと参考になります。


マサチューセッツ州
ハイジのべビ待ち日記 ハイジさん
日本で治療を始めたものの結果がでず、アメリカで引き続き治療。アメリカに来たばかりにもかかわらず治療なさるのは、きっとストレス多いことでしょう。がんばってください。
平夢家の育児プロジェクト きよみんさん
ボストンでしたIVFが見事成功!今は帰国してお医者様に復職されています。移植後の胚の発達過程の記述が興味深いです。
アメリカで妊娠出産 diary まぐぃーさん
流産を経て、IUIで見事妊娠!がんばって、つわりを乗り越えてください。


ミシガン州
The Angel Gabriel  Rikoさん
不妊治療始めて間もない様子。検査ばかり時間をとって、なかなか治療にすすめない。もどかしいですね。


ワシントン州
Perfect Plan in His Time Pokoさん。
日本とワシントン州でのIUI・IVF記録。治療はお休み中。IVFって気疲れしますものね。気持ちはよくわかります。
The Hunin in America モーリアさん。
5年間にも及ぶ不妊治療の結果、2回目のIVFで陽性→出産!。モーリアさんも、1回目IVFでは流産されているのです。そういう方が多いのは何故?いろいろな方からの、体験談や費用の投稿もあり、役にたちます。


州不明 すみません。
三人目が欲しい。 かいりゅうまむさん。
IVF+PGDにトライ。
サクラサク♪//アメリカ西海岸不妊治療日記// サクラさん
1回目IVFに失敗するも、2回目IVFで成功♪。失敗後の挑戦で成功される様子を見ていると、勇気が沸いてきます
アメリカで赤ちゃん待ちの日々あめさん
2回の流産後、養子のオプションも目にいれつつ、最後のIVFに挑戦。切ない。。。
とことこママへの道。 なこさん
流産(最初は子宮外妊娠と診断)を乗り越えて、治療中のなこさん。流産こそしなかったものの、私ととても似た状況で、親近感が。
mariyaさんのBlog mariyaさん
初回IVFで、双子妊娠!と思ったら、1卵生双生児で、3つ子ちゃん。残念ながら、一人の子は育たなかったのですが、こんなことって、本当にあるんですね。双子ちゃんは、男の子・女の子で、まさにパーフェクトです。


日本帰国治療
Amica Style Amicaさん
アメリカの薬漬け治療につかれたAmicaさんのココロとカラダを癒したのは日本の低刺激治療。そして、見事成功!。日本のお医者さんがアメリカの治療をどう思っているのか垣間見れて参考になると同時に、アメリカの治療を受けている自分が怖くなります(汗)アメリカでの治療日記はココ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。