プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移植後11日目 妊娠判定
悩みの種だった腹痛は、木曜夜、ベットでのたうち回ったのを最後に回復。それとともに、体温が徐々に下降気味。

もしかして、私、もう出産しちゃった?。。。

と、不安で迎えた血液検査。やっぱり、検査薬試さずに出かけた。
つーか、臆病者で、試せなかった。。。スミマセン

-------------------------------------------------------------------

午後、病院から電話がかかってくるのを待ちきれず、こちらから電話を入れると、

「おめでとういいニュースよ

と看護婦さん


結果は、陽性。


hCGは134で、低すぎることはないようです。 (ほっ)


まずは、第一関門突破しました


次なる関門は、

7月5日  2回目血液検査
7月9日  胎嚢確認のため1回目超音波 (←前回はここでコケた)
7月16日 心拍確認のための2回目超音波

うまく行けば、今月の半ばには、ようやく一息つけるかも。

ああ、感動
支えてくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

hCGが134だったのは、低すぎはしないけれど、けして高くはない感じ。
ちなみに前回は49で、hCG低すぎの異常妊娠でした
hCGについて、いろいろ調べたので、明日、あさってには投稿しようと思ってます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 第一関門突破!
 ← 次は胎嚢確認だッ



移植後6日目  途中経過
体温がビシバシ上がっていまして。

前回の移植時と同じ。

妊娠してるな、って思うんです。

イエイ


4月1日だった前回の移植当日から今日までの基礎体温グラフはこんな感じ。
BBTChart1.jpg

前回は、胚移植後、がーっとあがって、掻爬手術後、がーっと下がってる。

ちなみに、今回のほうが、体温の上がり方が速い。移植翌日から体温上昇している。

BBTChart2.jpg


前回は、hCGが低いと散々言われたけど、今回は大丈夫かなーと、ちょこっと、期待してます


ところで、前回と同様今回もお腹が痛くなってまして

妊娠初期症状の1つに生理痛様の痛みがあるっていうのは、前回リサーチしたので知っていたのだけれども、「こんなごく初期にそんなに痛いなんておかしい!」との旦那さんからのするどい指摘があり、Wisot先生に質問しました。「前回と同じくお腹痛いんですけど、妊娠してるからですか?どうしてでしょう?予防策ありますか?」と。

先生の返答は、

「妊娠していたとしても、まだホルモンすら検知できないレベルだし、妊娠が理由ではない。腹痛の理由はわからないから、痛みが続くようならば、血液検査+超音波して」

と。

そうだよね。移植後6日目なんて、hCGが高い人でも50ぐらいだよね、こんなにお腹痛くなるわけないか。。と、ある意味なっとく。しばらく様子見て、腹痛が続くようならば、血液検査+超音波してきます。

さて、Wisot先生。
質問する時は、うちの病院の掲示板に質問を書き込むのだけれども、いつもレスポンスが速い!
先生、毎日ネットにかじりついてんじゃないだろーかー、という速さ。
今回も、20分で返事が返ってきた。
こういう対応が患者さんを安心させてくれる。ありがたいことです


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← Wisot先生に
 ← 乾杯




D23 移植
朝、トレーシーの鍼院で、身も心もリラックスして病院へGO!

前回と違って、採卵・移植をする患者さんがまったくいず、手術室に直接通された。
今日は私一人らしい。こんなんで、Wisot先生の給料は払えるのか!?

手術室に入ると、なんとラジオからハードロックがじゃかじゃか鳴っていた。せっかく、鍼でリラックスしてるのに、エキサイトしたくないよねぇと、 看護婦さんにお願いして、クラッシックに変更。心安らかに、卵ちゃん達をお迎えしたいものです

ベットで水をちびりちびり飲んで待っていると、培養士さんが登場。移植する卵の写真を持って来てくれた。
今回の移植は、採卵6日目に3BBだった胚盤胞と、桑実胚2個の予定。正直、あんまり期待できないかも。。。と思っていた。冷凍・解凍のショックで生き残らないかもしれないし。。。

が、なんと。


「3つとも生き残ってますよ~」

と、培養士さん

さらに

「桑実胚の1つが3AAになりましたよ~」

と。

ああ、ママ感激。「6日目に胚盤胞になれない子なんて、望み薄よ」なんて思っててごめんなさい。一人でがんばってくれたのね。ママもがんばるわ。と、俄然やる気がでた。卵ちゃんありがとう。

ちなみに、もう1つの桑実胚は、死んではないし、微妙に胚盤胞になっているけれど、拡張もほとんどしてないし、望み薄とのこと。捨てるのもなんなので、移植しましょう、みたいな感じ。

[ 卵達の写真 ]
3bb.jpg6日に3BBになった子。解凍したばかりなので、まだぐしゃっっとしている
3bb.jpg前日に解凍したら、翌日3AAになってくれた桑実胚。親孝行者。
murula.jpg育とうとしているけど、あんまり育たなかった桑実胚。赤丸のところが微妙に胚盤胞になっているらしい


3bb.jpg
おまけ。前回移植した、5AAの卵。5ステージは、ハッチングした後のようなので、これは、ステージ3ぐらいの写真?


アシスタント・ハッチングしてあるはずだけど、透明膜が厚いように思える。なんですかねー???


培養士さんの説明後、ピンクのシャツを着たWisot先生が現れて、さくっと移植してくれました。


卵ちゃん達、あとは君達次第だ。頼んだぞ。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 卵達がんばるのだ
 ← 母は応援しているゾ




D22 移植する胚の選択
プロジェストロン注射の威力はすごいもので、打った翌日には、97.5度付近をさまよっていた基礎体温が、97.9~98度まで急上昇。基礎体温表をみるとキレイに2層に分かれていて、これが理想の基礎体温か!と、思う今日この頃。

時は流れ、移植前日となりました。

病院から電話があり、10時半移植とのこと。早速、トレーシーに鍼の予約。前回も移植前後に鍼やって着床したので、縁起担ぎです

さて、私が凍結している胚は、

3BB胚盤胞                       1個
グレードがまだついていない初期胚盤胞      2個
桑実胚                          2個

の、合計5個。

Wisot先生・Meldrum先生の説明では、前日に桑実胚2個をまず解凍してみて、胚盤胞まで生き残るかどうか見る。2つもしくは1つ生き残った場合は、移植当日に3BB胚盤胞を解凍し、一緒に移植。桑実胚2個が両方ダメだった場合には、移植当日に3BB胚盤胞1個と初期胚盤胞2個を解凍して、移植とのこと。
だから、3個もしくは2個移植の予定。明朝、培養士さんが桑実胚が生き残ったかどうか電話をくれるそうだ。がんばれ、うちの子

桑実胚をまず解凍・培養してみるのは、胚盤胞になるかどうかわからない胚をずっと保存していて、保存料金を払わせるのはしのびないから、だそうだ。なかなか芸が細かい。

でも、KLC系の病院では、全ての受精卵が、凍結に適した状態の胚盤胞になるのを確認してから凍結するようだ。さすが日本人の本領発揮。さらに芸が細かい。

ちなみに、アシスタント・ハッチング付。凍結胚にはすべからく施すそうです。


さて。


内膜は厚くなり、体温も上昇で、準備万端 後は神頼みよっ
と、いうわけで、ロサンゼルスのお寺、本願寺に行ってまいりました。不信心なのですが、このお寺は初めて(スミマセヌ)

honganji.jpg


お賽銭いれようとしたのだけれど、賽銭箱見つからず。アメリカ、しかもロサンゼルスで外に賽銭箱置いたら、危険なのかもな~と感想を抱きつつ、移植必勝を祈ってきました。

ヒヤシンスさん、cuminpieさん、エンジェルさん、くまこさん、Abbieさん、れいこさん、まぐぃーさん、ハイジさん、すみれさん、gohanさん。そして、コメントは残さないものの、このブログを読んでくれて、治療をがんばっている皆さんの分もお願いしてきましたよっ 皆様のもとに幸せが訪れますように。。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 移植必勝を願って
 ← ポチッ


D18 超音波再再再検査 移植日決定
またしてもMeldrum先生に当る。今周期は、始めから終わりまで全てMeldrum先生。珍しい。

さて、3回目超音波。
モニターに映し出された内膜は、私にもわかる程、太ってきていた。
前回はナメクジみたいだったけど、今回は、ストライプが真ん中にちょろっと見え、木の葉状の理想の内膜の形に一歩近づいた感じ。

ちなみに、理想の内膜はこんな感じらしい↓

出典:内田クリニック 排卵期の子宮内膜の変化
この写真の内膜、ほれぼれするほどに厚いねぇ。私のはこんなに肥えてなかったよ

ま、測定値は、(9mm - 10mm)で、「準備整ったので、移植しましょう」と、Meldrum先生。 バイアグラを試してみたかった私は、「バイアグラ効くって聞いたので、試してみたいんですけど」と聞いたのだけれど、「バイアグラはちゃんとした研究がでてないよ。それに、内膜準備できたから、移植すれば」とのお言葉。移植できるというところを、無下に断るのもなんなんで、移植することに。

すぐに、今日からのスケジュールをもらった↓
Date検査備考
D18progesterone1.5cc超音波内膜(9mm-10mm)準備完了
D19Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
D20progesterone1.5cc
D21progesterone1.5cc
D22Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
抗生物質
卵確認のためラボに電話
D23progesterone1.5cc
抗生物質
移植
D24progesterone1.5cc
抗生物質
D25Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
 |progesterone・Vivelle継続。
D33Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
D34Vivelle 6枚
progesterone1.5cc
妊娠判定


移植は6月20日、判定は7月1日です

ところで、エストロジェン量は、妊娠判定日まで変わらずにガンガン投了。つーことは、やっぱり今卵巣の中にいる卵は排卵させないでおくんだ。ああ、体に悪そう。。
今の基礎体温って、私の低温期(97.3)・高温期(97.9)でもなく、あえて言えば中温期?97.5の体温を1週間以上続けているんですよ。薬のせいとはいえ、すっごい変。


-----------------------------
Vivle 6枚
progesterone1.5cc


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 移植日決定に
 ← お祝いのポチッ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。