プロフィール

surfinusa

ブログの主:
花(37歳)&旦那さん(40歳)
職業:共稼ぎ会社員
居住地:ロサンゼルス
2006.07 入籍
2006.10 挙式
2007.03 Kaiserで不妊治療開始
2007.07 不妊検査後
花:異常なし
旦那さん:精子無力症発覚
2007.08 人工授精1回目
2007.09 人工授精2回目
2007.10 人工授精3回目
2007.12 人工授精4回目
2008.01 保険切り替えを待ち、不妊専門病院に転院。精子奇形症発覚
2008.02 ブログ開始
2008.03 顕微授精1回目
 2個移植
2008.04 胎嚢確認できず、5w6dで掻爬
2008.06 凍結胚移植1回目
 3個移植
2008.07 陽性
胎嚢・心拍確認
2008.08 不妊病院卒業

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基礎体温表

surfinusaの基礎体温表

アメリカで体外受精
カリフォルニアでの顕微授精記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠判定・hCGについて
hCGについてまとめてみた。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は着床の直後から胎児の栄養膜で作られる。hCGは黄体の保持を促進し、プロゲステロンを分泌させる。プロゲステロンは子宮の内側を血管で肥厚させ胎児の成長を促進する。妊娠検査で測られるのは、hCGのβサブユニット(βhCG)。 hCGはLHと似ているので排卵促進剤としても使われる。

妊娠判定時にhCGがでて(=着床)いても、まだ安心はできない。
チェック・ポイントは2つ。

A ) hCG値が低すぎないか
B ) hCGの上昇スピード


A ) hCG値が低すぎないか
夢クリ院長のKLC時代の研究。 胚盤胞移植後7日目のβhCG値と生産率の関係
http://funin50.umin.jp/02program/doc/s5_4.doc
βhCG(mIU/ml) 生産率
1~104.3%
10~2020.8%
20~3038.5%
30~4056.3%
40~5065.9%
50~6079.8%
60~7081.3%
70~82.9%
どんなに高くても、流産率が20%あるのはつらいところ

アメリカでは、16dpo (=16 Days Past Ovulation、3日目移植の場合は、移植後13日目。5日目移植の場合は、移植後11日目 )に妊娠判定をする病院が多い?

16dpoでのβhCGと妊娠20週継続率の関係
βhCG(mIU/ml) 妊娠継続率
25~50<35%
50~10035 - 64%
100~20064 - 80%
200~50080 - 95%
500~100095 - 100%
>1000100%

年齢が高くなると、hCGが高くても流産率が増えるらしい。悲しい。。。
hcg.jpg
上の線は40歳以下。下の線は40歳以上。

元記事はココだけれども、サーバーがよく落ちているので、ココにコピりました。
Squidのページにも似たような数字がのっているけれど、サンプル数が少なめ。

5日目移植後14日目(19dpo )で判定という人も結構いるようですが、はっきりとしたデータは見つからず。(見つけたら教えてね。)でも、”Predictive value of hCG level 14 days after embryo transfer”という記事に、hCGレベルが300以下の場合、20週までの妊娠継続可能性は9%、300~600の場合、40%。600以上の場合は、多胎の確率が高いと載っています。(ただ、この記事、hCG別患者数の総計が、サンプル患者総数(111人)と合ってない。疑わしい)

B ) hCGの上昇スピード
妊娠超初期には、hCGがだいたい48~72時間で2倍になっていればOK。平均は46.56時間。米国の病院では、1回目検査の2日後に再び測るところが多いようで、2回目にあまり上昇していなければ、残念ながら流産に終わる確率が高い。

上昇スピードの計算
1回目hCG値
2回目hCG値
1回目検査と2回目検査間の日数
2倍になる速度時間
1日当たりの上昇速度
(注)1日当たりの上昇速度とは - 例えば上昇速度が
1.5で、1回目のhCG値が100の場合、次の日の
hCG値は150。


妊娠継続している場合は、1200ぐらいまでは指数関数的に上昇していくけれども、それ以後は、上昇が緩やかになる様子。1200より少なくても、上昇が少し停滞した後、また上昇し始める人もいるそうです。

妊娠判定検査以降のhCG値。検査機関によって、バラツキが大きいので、参考程度にどうぞ。
Beta Scores for Successful* Single Pregnancies - betabase.info
What is beta hCG? - obfocus
Early Pregnancy Including HCG levels and ultrasound findings
Normal hCG Levels in Pregnancy




移植後11日目 妊娠判定
悩みの種だった腹痛は、木曜夜、ベットでのたうち回ったのを最後に回復。それとともに、体温が徐々に下降気味。

もしかして、私、もう出産しちゃった?。。。

と、不安で迎えた血液検査。やっぱり、検査薬試さずに出かけた。
つーか、臆病者で、試せなかった。。。スミマセン

-------------------------------------------------------------------

午後、病院から電話がかかってくるのを待ちきれず、こちらから電話を入れると、

「おめでとういいニュースよ

と看護婦さん


結果は、陽性。


hCGは134で、低すぎることはないようです。 (ほっ)


まずは、第一関門突破しました


次なる関門は、

7月5日  2回目血液検査
7月9日  胎嚢確認のため1回目超音波 (←前回はここでコケた)
7月16日 心拍確認のための2回目超音波

うまく行けば、今月の半ばには、ようやく一息つけるかも。

ああ、感動
支えてくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

---------------------------------------------------------------

hCGが134だったのは、低すぎはしないけれど、けして高くはない感じ。
ちなみに前回は49で、hCG低すぎの異常妊娠でした
hCGについて、いろいろ調べたので、明日、あさってには投稿しようと思ってます。


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← 第一関門突破!
 ← 次は胎嚢確認だッ



移植後6日目  途中経過
体温がビシバシ上がっていまして。

前回の移植時と同じ。

妊娠してるな、って思うんです。

イエイ


4月1日だった前回の移植当日から今日までの基礎体温グラフはこんな感じ。
BBTChart1.jpg

前回は、胚移植後、がーっとあがって、掻爬手術後、がーっと下がってる。

ちなみに、今回のほうが、体温の上がり方が速い。移植翌日から体温上昇している。

BBTChart2.jpg


前回は、hCGが低いと散々言われたけど、今回は大丈夫かなーと、ちょこっと、期待してます


ところで、前回と同様今回もお腹が痛くなってまして

妊娠初期症状の1つに生理痛様の痛みがあるっていうのは、前回リサーチしたので知っていたのだけれども、「こんなごく初期にそんなに痛いなんておかしい!」との旦那さんからのするどい指摘があり、Wisot先生に質問しました。「前回と同じくお腹痛いんですけど、妊娠してるからですか?どうしてでしょう?予防策ありますか?」と。

先生の返答は、

「妊娠していたとしても、まだホルモンすら検知できないレベルだし、妊娠が理由ではない。腹痛の理由はわからないから、痛みが続くようならば、血液検査+超音波して」

と。

そうだよね。移植後6日目なんて、hCGが高い人でも50ぐらいだよね、こんなにお腹痛くなるわけないか。。と、ある意味なっとく。しばらく様子見て、腹痛が続くようならば、血液検査+超音波してきます。

さて、Wisot先生。
質問する時は、うちの病院の掲示板に質問を書き込むのだけれども、いつもレスポンスが速い!
先生、毎日ネットにかじりついてんじゃないだろーかー、という速さ。
今回も、20分で返事が返ってきた。
こういう対応が患者さんを安心させてくれる。ありがたいことです


にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ ← Wisot先生に
 ← 乾杯





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。